ちょこっと立ちゴケでも

11月末のこと

最高気温15℃の好天気にバイクすれば、

思わぬプレゼントがありました。




あまり使わないのだけど「手鏡」

  01qDSC03885.jpg







・・・それは・・・・
とあるバイク雑誌を眺めたときから始まっていたのかもしれない。


”疲れ”で立ちゴケが待っている。

  02qDSC03896.jpg





「ワタシには、関係無いかな」


それも、
サイドスタンドの中途半端にするなど。。

  03qDSC03894.jpg



・・・やはり疲れていたんだろう。。

これにて、サイドミラーで手鏡を作ることになりました(-_-;)





その日
多用の時こそ備えあれば憂い無しということで

車のタイヤをスノーに変えて、


時間を作り

バイクを冬眠させる前にガソリンを満タンにしようと考える。

・・・NEWヘルメットの感触も年内に知りたかった。。。

  04qDSC03876.jpg



遠回りしながらスタンドを目指す。


季節ごとに色々な表情を見せてくれる大好きな丘へ寄り道

  05qDSC03882.jpg



将来、小松うどんになる小麦畑にて

  06qDSC03881.jpg

なんとなく、
雰囲気が北海道的な風景を醸し出して気分が晴れる場所





その後も、

近所を周遊し、ガソリン満タンにし

30km程度のランを気持ちよく過ごしてにて車庫へ

ヘルメットのインプレでもするかな~と



”気持ちよく”

バイクから降りたら

ガシャーン

あれが根元からポッキ

  07qDSC03886.jpg


慌てて
火事場のバカ力でバイクは起こせました。





戦傷の確認

  15qDSC03888.jpg



・スライダーは、役目を果たしました。

・バーエンドも役目?を果たしました。



ステップは、固定式に変えてあるのでマフラーを守りました。

  09qDSC03889.jpg





一番の被害が、カミさんの車とは(-_-;)

車に傷4箇所。。。

車のバンパーなどがクッションになりバイクの後部を守って頂きました。

その代わり、
前方につんのめる形となり、ミラーがポッキリでした。





こんな時は、笑いでごまかしましょ。

「使いやすい手鏡ができたょ」

・・・苦笑のみ。。。





この際、
ミラーを社外品にしようか、
びっくりするぐらい大特価だった変なマウスにて捜索中。

  11qDSC03891.jpg





この際のこの際。。。

歳相応なバイクに乗り換えようか。。


『DUCATI-SCRAMBLER-CAFE-RACER』

  12qDUCATI-SCRAMBLER-CAFE-RACER.jpg

ゼッケンは、”57”にしなければ、などと妄想しながら







ご近所の「四季桜」が満開になってきました。

  13qDSC03897.jpg



  14qDSC03899.jpg




これが見られる頃に、

そろそろ

北陸に雪がちらつく季節です。



必然的にて
すごすごとミラーの方を注文しましたとさ。


晴天に走行しないバイク

見知らぬ方からのアクセスで贈り物。

「タンクパット、蛇ガラシート、ステップ保護パット」

  01tDSC03846



日曜日に
車のオイル交換中に徒歩で受取場所に迎い
確かにブツを受け取りましたょ<(_ _)>



バイクの方は、
前回の10月の走行後、ホッタラカシ状態なので

サッサと虫やピッチ汚れをとりあえず
清掃中(^_^;)

  02tDSC03847



知ってか、知らずか、バイクのタンクパットはヨレヨレで
見っともなく、どうにかしなくては。。

思っていた時のジャストなプレゼントになしました。

  03tDSC03850





即刻、
仮にワイルドに配置してみた。

  04tDSC03852


おお、お。

世の中の生き物で一番に怖いヘビだょ。

本物に道端で出会えば、
100m以上を猛ダッシュで逃げますけど(^_^;)

ワイルド大丈夫か(笑


ちなみに
あと怖いのは、高所とカミ○ンetc。。。



シートは、同じ形状でも年式により微妙に造りが違うので、
ゴム板などで下部のあたり改良が必要かな。




ではでは、


ヨレヨレのタンクパットを剥ぐ。

  05tDSC03853


両面テープの残骸を原始的に
親指でグイグイとマッサージするように取り始める。

。。。。

  。。。。

ヨレヨレだったのに強じんな両面テープでした。


格闘20分経過したところで

親指の指紋が消えたょ(@_@;)

・・・何かイイアイテムがあると思うけど。

ここで中途半端な状態で作業中断(ー_ー)!!




あと、
ステップ保護パットは、ステップを変えているので
純正に戻したときに使かぉ。




この日
それは高い空で温かい日でした。

  06tDSC03855




あまりにも好天気な空を恨めしげに眺めてから、


さぁ。。。

バイクにカバーを掛けて。。

また多忙中へ舞い戻りしました。



いつか、どこかで
バイクで出会えるならヘビ柄で出かけますょ。

快晴快走@琵琶湖あたり

10月15日(土)

高気圧におおわれ、雲一つない快晴日でした。


朝方肌寒く、
十分に気温が上昇するのを待って遅いAM10:00発

適当に琵琶湖あたりを目指して北陸道を南下する。

琵琶湖の界隈なら木之本ICとおぼろげに思ってたが、

この爽やかな秋晴れに、
バイカーが高速道路で峠を越えるのも邪道かと(^_^;)



好天気にも誘われて
琵琶湖手前の今庄ICからR365に降りて

『栃ノ木峠』へアタック中

  01wDSC03702

以前も見かけた『J 2km』 とか『J 1km』の看板は何でしょ?
結局その『J』は、不明だった。





途中、

前方の遅いトレーラーと後方から来るトレーラーに挟まれ一時停車中

  02wDSC03704





R365は、
ほぼ2車線に整備されているが

たぶんループトンネルでしか整備できない区間が
この林道の様な曲がり区間。

  03wDSC03706





いっぷくして、
前後のトレーラーをやり過ごしましょ。

  04wDSC03708







ここから

ホイホイと

長浜市木之本に11時半過ぎに到着。



ふと思い出す。

木之本 = 最近見たブログ = 食う = 『BooK Cafe すくらむ』

  05wDSC03712





入ろうか迷っていたら

風に揺れるのれん誘うような手招き。
では、では

  06wDSC03713





入店すれば、
「お好きな場所をそうぞ」

床の間がある6人座先へ
・・・オッサン一人でも、こんな時は遠慮しません(笑

  07wDSC03716





ここに書いてある平凡な『喜怒哀楽』、

バイクとで『喜楽』の部分を楽しもう。

  08wDSC03717





店内をキョロキョロしながら待てば、

  09wDSC03720

素材そのものを活かして

おいしいく

ごちそうさま。



無料のご飯のおかわりを丁寧に笑顔で進められましたが、
ワタシには、充分でしたょ。




。。。。




出発も遅いうえに、

更に
ここで小一時間を過してしまって(^_^;)

適当に構想とした琵琶湖一周を止めましょ。






とりあえず
『奥びわ湖パークウェイ』へ

・・・京都方面からみれば、奥琵琶湖とのこと。。(^_^)/

  10wDSC03722





なんて日、空と湖面の青さの境界が分からないぐらい

碧く澄み切ってました。


  11wDSC03724





パークウエイから下におりて湖面と

  12wDSC03727





藍のパワーをもらえそう!

  13wDSC03730





そろそろ帰路を考えながら、

近くのメタセコイヤなんぞでを寄道にしました。

  14wDSC03735





  15wDSC03739





ここから
R8へ ~ 越前海岸『しおかぜライン』へ

走る背後からゆっくりと日が傾いてくる。


  16wDSC03745





しおかぜラインの
日本海に突きだすラインが好きだ。

  17wDSC03746





  18wDSC03747



のんびりで・・・・





とうとう暮れてきた(^_^;)


三国港にて夕暮れに突入中。

  19wDSC03754



車を停めて写メする人々などギャラリーが沢山



日本海に日が落ちる様子を一緒にしていたら、



。。。



暮れてしまった。

  20wDSC03765




この景色も目にくれず
釣に集中する方々もいたり。。


それぞれで楽しむ(^^)/


峠、琵琶湖、越前海岸にて、ご喜楽な日のこと。

山の中の極太のそば


秋風がここち良い季節になったが、
次々と現れる台風で天気も先が読めない荒れるシーズン。

どうも9月の3連休も荒れた天気の様相と思っていた頃。



少しでもと晴れの間に9月11日(日)
ランチにスタート。

家を出ればすぐに田園が広がる田舎町から

手取川を遡上するように走り、白山市にわか工房横のそば畑まで

  01qDSC03356.jpg





秋をつげる白いそば花が満開。

  02qDSC03360.jpg



このあたりまで来れば、たいがい「道の駅瀬女」まで登るが、
この日は、風になびく白いそば畑で休憩しUターン。


一筋、谷を変えて大日川を遡上する。



交通量ゼロでカーブを楽しみながらホイホイと大日川ダムに到着し

  03qDSC03343.jpg





一服中


  04qDSC03341.jpg





ではでは、

せわしなく
またUターンし途中に通り過ぎたダム下の左礫町へ


「蕎麦のやまぎし」

  05qDSC03345.jpg



ここは十割そばの「白」「田舎」「田舎粗挽き」の3種といたってシンプル。
前回は、「田舎」をおいしく制覇し

なにせ山の中だから寒くなる前に「田舎粗挽き」を賞味したくて訪ねました。



「お好きな席にどうぞ」と」いうことで、

風が気持ち良い縁側が正面にして6人が食事がとれる座卓に一人でドンと座る。

・・・相棒のZ1000sxも見えるポジション(^^)/

  06qDSC03349.jpg


川面の流れと料理する音が響く空間でくつろぐ。





運ばれた「田舎粗挽き」は、どおりの極太のゴツゴツ

  07qDSC03350.jpg



食卓にある「岩塩」を皿の隅に乗せ、
塩を付ける食べ方もあるとのレクチャーを受けて


では、さっそく


  08qDSC03351.jpg


蕎麦の香りそのものを引き立てる塩味がおいしい。





それにしても割りばしより太い麺。

  09qDSC03353.jpg


ツユと喰ってもゴツゴツと噛みながらの蕎麦でした。

おいしく

ごちそうさま。



こんな山の中にある店にバイクで訪れると、もう顔を覚えられてましたが、

店主が元警官と聞くと。。。
バイクでは、背中がむず痒いような(笑



その後、思った以上に次々と幾人かの来客あり。

一番の場所を占領しているのも気が引けて

席をたち、消化の時間に周辺を散歩です。

ただ、ただ、山ん中(@_@;)

  10qDSC03354.jpg


・・散歩は、チョット熊が怖くて「森のくまさん」をうたいながら。。。


ランチラン終了。



9月は、この日も含めて翌週の
敬老の日と繋がる連休の遠出は、天候不順の予報にて全てキャンセルしてました。



その連休中
北陸地方の連休は、やはり雨になりました。


代替えとしてルンルンと孫を我家に2泊計画としていた(^^)/


風呂上りの孫とワンワンの動画を見ながらくつろぐ。

  11qDSC03109.jpg


もうすぐ2歳、健康にスクスクと育ち
どこもかもムチムチ、特にお腹が(^_^;)





連休は、
晴れ間に日課ののんびりWalkingしながら、栗拾いしたり。

  12qDSC03380.jpg



時折、
強く叩きつける雨を眺めながら

早朝からカッパで出撃した頃が懐かしくもあるジィジ。


こじんまりと医王山一周

9月10日(土)

朝方は、もう随分と涼しくなり

ケリ落とした布団を寝ぼけまなこで引き寄せ、

心地よく深い二度眠りに落ちました(^_^;)


そうこうすれば出遅れて、
こじんまりしたコースで出かけましょ。



  01sfDSC03315

富山『IOX‐AROSA』のキバナコスモスが満開の便りのコースへ



  02sfiouzanyo.jpg

こじっまりと100km程度ですが医王山一周と名をつける。







金沢大学角間キャンパス前のサークルKで

これからの峠を前にして、寝ぼけまなこに気合を注入。

  02sfDSC03307





富山県側に抜ければ、
大好きな水田地帯の一本道。

  03sfDSC03308

稲刈り後の香りが心地よい。



ここからコースから少々寄道して

富山『IOX‐AROSA』のゲレンデを駆けのぼる。

  04sfDSC03310



石川と富山の県境の

白&禿へ。。。。

なぜか親近感が湧く「白禿展望台」を目指そうと思いましたが、
道は狭く急こう配に所々がウエットでして

今回は、このバイクでは、撤収します。



戻って「キバナコスモス」の鑑賞でも。

  05sfDSC03313



天高く気温も24℃が気持ちよく

セコセコと走っていた気分も大らかになってくる。



一周を続け刀利ダムを通る。

  07sfDSC03320




ここは、
・・高所恐怖症で、毎回、見るだけ、撮るだけでも足がすくむ。

  06sfDSC03318







後は、山側から下り金沢に戻り湯涌温泉方面へ

「創作の森」入口で年期が入り始めたトトロを納め

  08sfDSC03322



  09sfDSC03323

入口までとし

湯涌名物のゆず何とかを捜索しながら下る。





少々通り過ぎて、Uターン

  10sfDSC03326



ここで柚子シャーベットを喰う。

  11sfDSC03328


自家製の
ここでしか味わえないフレッシュな柚子の美味しさ。

イイ仕事してます。

ごちそうさま。




ところで、

・・こじんまりの一周コースの訳は、二度寝のほかに
金沢の孫とランチするためでした(^^)/


目じりを下げ小じわを深めながら孫とランチして。。。

ごちそうさま。

お腹がうふくれて孫はお昼寝タイムへ





では、では

ジィジは、帰路とします。

街中の同じ道で帰ることは、避けたいので

気持ちが良さそうな山側から



結局、

。。。。


帰路を
石川~富山~岐阜~福井~石川と

「白山一周コース」となりましたとさ。

  12sfhakusanyo.jpg





岐阜は、川は、どこも清流でキレイです。

  12sfDSC03333





休憩は、
一度、白鳥あたりでコンビニのみ

  13sfDSC03334


こじんまりが適当に400kmあまりの走行になった。



我家に到着すれば
石川は、9月8日から県内一斉発売されたに日本酒の「ひやおろし」が待っている。

ワインでいうボージョレ・ムーボーみたいな感じの初出荷の日本酒。

冷蔵庫に待機済み(^^)/

  14sfDSC03337


これに秋らしくサンマの塩焼きを突きながら

うまい。





カミサン「帰ると言ってから遅かったね」

・・「岐阜回りで帰ったから」

妙に納得してました(#^.^#)


そんな
秋の夜長を 秋の夜に長く家飲み日のこと。



プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR