酷道R157で泣きが入る

おもむろに説明から始める。

『 出典 - Wikipedia 』
  酷道(こくどう)は日本語の俗語で、一般国道のうち乗用車による通行が困難で
 あるなど文字通り「酷(ひど)い状態の国道」を、「国道」の読み(こくどう)
 に引っ掛けて揶揄するもの
 

《 酷道は、下記のような特徴を持つ国道のことを指す 》
・狭隘道路で大型自動車の通行が禁止され、軽自動車でさえすれ違えない区間がある。
・ガードレールのない断崖など、通行が非常に危険な区間がある。





こんなことで有名なR157の福井県から岐阜県への峠越えにトライしました。

10月19日(土)9:00スタート

全線通行が可能は、3年に一度程度のごく短い期間と言われてます。
幻の全面通行。




行くのなら・・・・
今でしょう。

3桁の国道を渡りながらの旅にしましょ。

  kokusyomap.jpg






石川からトライする山々を背に、出発式

  kIMG_1596.jpg





R364で一つ峠を越えて福井で、

  kIMG_1597.jpg







R416で大野市の街並みを過ぎて、R157が始まった。

  kIMG_1599





真名川ダムで所用して、これから始まる狭小道路への気合を入れる。
ここで、交通量は、30分に1台の車程度。

  kIMG_1607.jpg

 

  kIMG_1602.jpg



ダムの貯水を利用して、噴水があることを発見。
ダムも周囲の山々も大きくて、噴水が小さく見えます。

  kIMG_1605.jpg





先を進める。
な~んだ、快適ですね。

  kIMG_1610.jpg


  
そろそろ、来ましたね。。フフ。。
まだ、道路は平坦で余裕をかましています。

  kIMG_1614.jpg



  



「落ちたら死んじゃうよ」に近づきました。
「頼む、対向車が来ませんように・・・」

  kIMG_1615.jpg


多分、ガードレールを設置したら、車が通行できんしやな。
って
細いよ~~



「落ちたら確実に死んじゃうよ」の最高峰の箇所は、誰かが落ちて、
コンクリートで整備されていました。
それは、それで・・・何とも言えんな~。

  kIMG_1616.jpg





少し、色づき始めた山々を眺める。
と言っても走りながらは、そんな余裕はありません。
停まって、一服する。感覚的には、すでに峠に近いハズ。

  kIMG_1617.jpg







温見峠に到着しました。
ここから、岐阜県です。

ここには、山登りに7、8台の車がおりました。

  kIMG_1620.jpg



  kIMG_1623.jpg




R157で真名川ダムより、ここまで対向車が1台でした。
薄い雲がありますが、お天気は、まずまず。





・・・・

とっと、山を下りて、美味しいものでも食べよう。

・・・・

少しナメテいました。




岐阜県側に酷道の本編が待っていたのです。

やはりネットで見るのと、実際の現場では違います。

クソ熱い時のバイク写真が、綺麗に見えるだけだったりと同じように。


『落石注意』の看板がいたる所にあります。

普段は、落石注意と言われても「どう注意するねん」なんて
悠長な事を言ってますが、

・・・・

ここは、今か?つい先ほど?昨日あたりの形跡など、さまざまの落石。。。
たくさ~~~ん。

それに『路肩注意』
って
路肩が無いがいや~。←とうとう石川弁

場所によっては、右に「落石注意」、左に「路肩注意」

山側の落ちている石を避けると、路肩の方に、
その路肩の先は、「落ちたら死んじゃうよ」
ガードレールなんて、ガの字も無いわ。


・・・・・



道路の洗い越し、
水責めも始まりました。

  kIMG_1627



  kIMG_1626.jpg


この「洗い越し」は、数か所あると調査済みで、織り込み済みですが・・・

晴れの日に水深が30cmもあるがいや。←石川弁が連発し始めた。



もう一つ、二つ、三つと「洗い越し」を越えて進みました。

  kIMG_1628.jpg



  kIMG_1629.jpg





本音は、すでに嫌気が充満してきました。

ああ! 誰も誘わんでよかったがいや。と思いながら。



山を下ると、自然の広葉樹から植林された針葉樹の森になります。

この道は、カラー舗装か!

なんで、カーブになると茶色い舗装になるげんて!←石川弁でも加賀地方か

  kIMG_1631.jpg


今日は、晴れなのにずっと道は濡れています。

すでに。。。
 すでに、カンベンしてくれーの境地に至っております。


バイクでも、リッターバイクの来るところでは、ありません。



・・・・・

   ・・・・・・



無事に麓にたどり着きました。

急激に道路が広くなりました。

 ・・・嬉しいよ~・・

こんな山奥に道の駅がありました。

  kIMG_1637.jpg



ここでメシ喰いましょ。

  kIMG_1646.jpg





トマトソースのオムレツを頂き。

  kIMG_1641.jpg





プルプルにトマトの酸味で美味しい。

  kIMG_1643.jpg



お店の方に、R157で福井から来たことを告げると。

「あれ?、今、通行できるんですか」

エエ、

「命を懸けて来ましたか、ハー」
と、労い?の言葉。

地元の方がおっしゃるとおり、確かにそーだと実感しました。

危険です(-"-)





R303へ進み、R417に寄り道して
藤橋城とやらを見る。

  kIMG_1649.jpg


城の中は、プラレタニュウムなんですよ。

う~~ん。。はいらんとっか。



隣接して、徳山ダムに沈んだ家々を移転した公園が見える。

  kIMG_1653.jpg

のどかに
山中は、早くも夕闇が迫って来ました。





R303に戻り
今日の偵察道路でもあります。

快適です。

高速コーナーが続く、
 ・・・自然に高速コーナーになる。
  ・・・それは、酷道の後ですから。

  kIMG_1655.jpg





滋賀県木之本からは、3桁国道のフィナーレーにR365を予定していましたが、

あのR157で時間を要したり、寄り道したりでキャンセルしまして、
北陸道をバビュ~ン。


  kIMG_1656.jpg


PM6時までには、帰還してイッパイ。





いろんな酷道があるかと思うが、酷なところがあれでけ長いのは初めてでした。

今回は、たったの450km走行で久しぶりに右手首が痛くなりました。

非日常のバイクでのプチ冒険で、日常のストレスが吹っ飛んだ事がせめてもの収穫でしょうか。


まあ~~、あれだけ細い道は、日常を忘れるわ。。



  kIMG_1638.jpg


バイクは、晴れの日の走行なのに、トロトロです。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

3桁酷道、リッターバイクでは厳しそうですね。
杉の木や葉で何時”ドテッッ”となるか考えただけで怖いですわ!

軽量オフ車だと楽しんでしょうが・・・バイク初心者の自分だときっと
途中で引き返してますね。

しかし幻の酷道が全面通行可と聞いたら、怖い物見たさで行きたくなる
気持ちは分かりますが・・・・?





結構冒険してますね。
でも私も先日美山へ行くときに
酷道477を走りました。
最初は普通の国道でしたが
徐々に酷道に変化して
途中は砂利道みたいな感じのところも。
何とかすり抜けて無事でしたがね。
また冒険気を付けてください。

No title

酷道…なるほど~。。スゴイとこですね^^;
でも、ちょっと変わったとこ行ってみたい気持ちわかります。

無事帰還でバンザーイ!
次はどんな場所へチャレンジャーするのでしょうか!?
けど、くれぐれも気をつけて下さいね~。

●イレブンライダー さんへ

岐阜側が、とても長くて酷道でした。

福井側で引き返そうと思ったのですが、
その時には、急こう配の細い道で、峠まで行くしかなくて、

戻る勇気は、早めに、、ですよね。
歳も。。。だし

●かき さんへ

以前、ワタシも美山~大原と峠越えしましたが、
酷道の中にも、ところどころゆっくり出来る所がありました。
今回は、淋しいくらいに酷道でした。

>また冒険気を付けてください。
冒険のレベルをもう少し下げますw
ってゆうか
ここは、車でも2度と行かんと思う。

●meme さんへ

昔々、若い頃
250ccの時は、この様な所に頻繁に行ってました。
非日常を求めて・・・
当面、林道の様な道は、止めますw

次は、今年のシーズンを締めくくるために、
1000kmの距離の腹八分目に抑えて800km走行カナ。

変態まっしぐらですねー(((笑)))
普通の路面がいかに走りやすいか
錯覚に陥り無茶して事故おこさないようにねー。

こんにちは。

はじめましてです。
わたくし、25年ぶりにバイクに乗りまして。(年が明けて50歳のおじさんです)
ずっと、仕事に追われて(言い訳ですが)時間が無かった様な気がします。
そのくせ、日曜日には何をする訳でもなく(することが分からず)ゴルフやら何やら誘われて始めたのですが全く面白くなく。
日曜日には『たかじんのそこまで言って委員会』など見ながらテレビに向かって酒を飲みながら文句を言ってる親父が続いていました。
そんな中、250ccバイクに縁が有りまして、乗りまわしていたところ昔の血が騒ぎだしたと言うか何と言うか?

そんな中『リターンライダー』でPC検索していたら、アラカンさんの所に行きつきまして。
いろんな方がバイクのブログなど書かれているのですよね。びっくり!致しました。
なんか、うれしかったですねぇ~。とっても。

そしてもう一度、ライダーになろう!と決心(そんな格好のいいものではありませんが)しました。
あと、何年乗れるか分かりませんがバイクライフ楽しみたいです。
これも何かのご縁かと思います。宜しくお願い致します。
長々とスミマセン。コメ有難う御座いました。

No title

酷道ツーお疲れ様でした。
でも舗装になってるんですね。
KLXもいいらしいですよ~!

家にいるとき無くなってしまいますか(^^;

●チョロ さんへ

おもむろなコメントを頂き、ありがとうございます。

>変態まっしぐらですねー
バイカーへのコメントとしては、褒め言葉でしょ。
では無くて、
毎度、言われているんで、分かっております。
「歳だから、何事もほどほどに」でしょ(笑

次、どこに~~カナ♪

●金沢の素人 さんへ

ようこそ。
石川にも、アブノーマルなバイカーがいますよね。
・・・アラ〇○さんとか。
ワタシは、至ってノーマルなおじちゃんです。
昔の思いも大切にしながら、今からも一緒に楽しみましょうか。

バイクに乗れる自分の環境を作ったことを褒めてやりたい。
 ↑小さいことですが(笑

●くう さんへ

>でも舗装になってるんですね。
今年は、舗装もし直して
なんとか、なっているので全線開通のようです。
危うい所が何箇所かありましたが・・・

>KLXもいいらしいですよ~!
おっしゃるとおり、
セカンドバイクは、一昨年から要求してますが・・・
おっしゃるとおり、
家にいることが無くなる事が明白で、許可がおりません。

なんか、旨い手はありませんか?

No title

お疲れ様でした・・・・・(((゜д゜;)))

聞きしに勝るR157、Z750SならともかくZZRで出かけるところではないですね。
(ちょっと、そそられるけどΨ(`∀´)Ψ)

原ニのオフ車なんかだと楽しんで走れるのかも。



そろそろ、山々が色づき始めてますね。ウズウズウズ・・・・・


●yosh.axe さんへ

途中で帰ろうにも、
思った時点で道は細く急勾配でして。。。
完走しても、充実がありませんでした、トホホホ。
ただ、
ここは、大きな紅葉を見せつけるでしょうね。

もう少し、歳にあった紅葉を探しますw。。。。。

おこんばんは。

ひゃ~! 国道じゃないですよね? 青看板を酷道に直して欲しいぐらいです(苦笑)
大変な想いしながら、よく通過しましたね。お疲れ様でした。
緊張した後のランチは格別だったのでは?
石川弁か… 直に聴いてみたいものです♪

●あけみ さんへ

お疲れのところ、コメントありがとうさんです。

酷道は、誰かに連れられて行ったのなら、
文句タラタラだったでしょうね(笑
途中の醜い所は、止まって撮影する場所も余裕もありませんでした。

北陸も寒さが忍び寄ってきました、
次は、気持ちイイ所をチョイスして、フィナーレーに向かいます。

プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR