ある日のこと


順を追ってブログしてきました。


ある日の出来事まで来た







それは、















前方の車に続き停車した。



その数秒後に。
後方から追突され前方の車両に接触しながら、
バイクと一緒に4、5m飛んで転倒。





何がなんだか分からず混乱した。



地面が跳ね上がったか?













わが身に起きたことを何とか認知し、悲しく醜い事と知る。



追突された。。








活躍して欲しくなかったプロテクターが身を守った。

肩、肘、胸、脊髄のパッドで守られた。


あと、

硬いブーツにも。。。守られた。


飛んで、

対向車線の方向で転倒だが、対向車にも轢かれなかった。





身をさらけ出しながら車道にいることのリスクを知る。












生きている。











治療も入院も無く仕事をしている。



バイクは、後方からの衝突で
フレームも歪んで醜くなっている。

停止状態からフレームまで行きましたか。。。



マフラーも後ろからのプレスで潰れていた。



自分でも怖くなる衝突の勢い。。。





今、普通に仕事をしていることに感謝している。



ウエアーの重要性だけでも伝えなくては。







のちのち、にぶく痛いところが鎖骨の付け根、

肩のプロテクターで守られ骨折を避けることができた様だ。


肋骨もプロテクターで守られた様です。





普通に日常している。





生かされていることに感謝。













くしくも御岳山の前で噴火の数日前の出来事だった。


  01onDSC00596





神は、

 気まぐれに生かしてくれたのだろうか。







今は、

プロテクターの重要性を伝えるしかない。







日帰り予定が『木曽福島宿』に一泊となった。





1軒目は、空きがあることを確認したのに。。。

破れたジーンズにヘルメットを抱えた、
うさん臭いオヤジを眺め、フロントで宿泊を断られたw







「むらちや」に宿泊できた。

  02onDSC00663



小さな木戸が入口で、入口が分からなかった(笑


宿のおかみさんには、遅に急な申し込にも関わらず
気持ち良く迎えて頂いた。





翌朝

温かい味噌汁がすこぶる美味しかった。

  07onDSC00667





木曽の宿場町を散歩する。

  03onDSC00654




静かな街でした。



  04onDSC00655







雑用を片づけ、JRで5時間かけて帰宅。。








翌日、
裏山に登り芝栗を拾う。

  05onDSC00683





実は小さいけど

これが旨い。

  06onDSC00684



秋らしく味覚も何も無かった様に味う。







さてと、

もう、そろそろバイクの修理方法でも考えるか。

真っ直ぐ走るのかな。。。



とりあえず、
クチャクチャのナンバープレートを交換すると、

必然的にナンバーが変わることが分かった。







それより、

この件でご迷惑やご心配をかけた方々に深く陳謝します。

と、
救急車への連絡やバイクの下敷きから救出してくれた方、
宿を探してくれた方、バイクの引き上げなど・・・

いろいろと助けて頂いた方々に感謝します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

namaさん こんばんは。

bikeライフ復活の宣言とみました。
お待ちしておりました。

・・・大変なことになってたんですね
しかし、ケガの無いのが何よりです
こちらでも最近 身近で 転倒があり
擦り切れたプロテクター見て重要性を再認識させられました

ひょっとして御嶽山見えたんですか?

大丈夫ですか

遠いところで大変だったんですね。
バイクはどうなったのでしょうか。
身体は何とか無事みたいですね。
どこで災難い遭うかわかりませんね。
私も十分気を付けようと思いました。
大したけがじゃなかったのが幸いでしたね。
無理しないでお大事に。

どうもです

大変な目に遭われたのですね。

御身体は、その後、大丈夫でしょうか。

フレームが歪む程の事故で、普通の仕事をなさっている、、、、、、、奇跡的ですよ。

ワタシも経験があります。
その時は、バイクは決して一人で乗っているものでは無い事を
自覚させられました、、、。



本当に、くれぐれも御身体、御自愛下さい。
今後のバイクライフの為にもv-91





たまたま、運が良かっただけって
思う事が多々あります(>_<)
私も着る物記事upしようと思ってた
ところだったんですよ(^◇^;)
また、そのうち…

こんばんは

やばかったですね。びっくりしました。

後ろから追突では、避けようがないです。

やっぱ、プロテクターは必須ですね。

No title

後ろからの追突は吃驚されたでしょう。
怪我がなくて何よりです。
家族の方も心配されてでしょうね。
これからはバトルスーツで守るほかありません!

●みなさんへ

情ないほど、
どこの痛みも無く元気です。

ある程度、治癒してから、
この件をアップしたのでは?

との

ご心配の問い合わせもあったのですが。。
スイマセン。

気が滅入るほど、大丈夫でピンピンしてます。

ただ、

どこかで必然と偶然が折り重なった事と認識してます。

もし、
怪我が無かったことが、幸運で偶然であれば、
必然の理由も十分にあったと思う。

考えスギとも思うが、
嫌いな仕事を普通にしていることに感謝してます。

ただただ考えるより
ただただ、幸運が重なった様です。

尻がまた青くなったけど(笑
これも、
偶然に、クッションのあるところで受け止めた

でしょ。

プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR