スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉偵察@称名滝

朝から予報と想定どおり、どんより曇りの日。

こんな日は、4輪の屋根付きでお出かけ。

北陸道の立山ICを降りて、立山方面へぐいぐいと登り続けると、

  01koDSC03779


空というか低くたれこめた雲に近づく



晴れなら、まずまずの紅葉だったでしょ。

  02koDSC03798



駐車場より、初めての称名滝へ歩く。

渓谷のスケールが大きい。

  03koDSC03799





30分歩いて到着しました。。。

  04koDSC03796


日本最大350mの落差の半分しか見えませんでした(^_^;)

解説では、渓谷から4段滝とのこと。

・・・かろうじて3段見えるかな。。


深まる秋に強烈なマイナスイオンを感じさせられるが、

どこからイオンか雨か不明な日でした。







いちお、
初めての称名滝の記念写真

  05koDSC03790





壮大さは、充分に感じました。

  06koDSC03797






ここから一転、

せっかくの富山だから、
日本海へホタルイカを喰いにいこう。


ホタルイカミュージアムに到着。

  07koDSC03802

・・・ミュージアムの方は見学してません(^_^;)





隣接するレストランでホタルイカ丼を喰ぉ。

  08koDSC03808



  09koDSC03809

ホタルイカが元々好きなので

おいしく

ごちそうさま。

・・・酒のつまみの方がイイかな。



カミサンは毎度、ご当地物を避けるタイプ

  10koDSC03810





一日中、曇り空だった日

  11koDSC03811



ゆるく紅葉の偵察と
立山方面から一気に日本海へ行くバイクコース下見終了(^^)/


いつか爽やかな日にバイクで行こう。

スポンサーサイト

快晴快走@琵琶湖あたり

10月15日(土)

高気圧におおわれ、雲一つない快晴日でした。


朝方肌寒く、
十分に気温が上昇するのを待って遅いAM10:00発

適当に琵琶湖あたりを目指して北陸道を南下する。

琵琶湖の界隈なら木之本ICとおぼろげに思ってたが、

この爽やかな秋晴れに、
バイカーが高速道路で峠を越えるのも邪道かと(^_^;)



好天気にも誘われて
琵琶湖手前の今庄ICからR365に降りて

『栃ノ木峠』へアタック中

  01wDSC03702

以前も見かけた『J 2km』 とか『J 1km』の看板は何でしょ?
結局その『J』は、不明だった。





途中、

前方の遅いトレーラーと後方から来るトレーラーに挟まれ一時停車中

  02wDSC03704





R365は、
ほぼ2車線に整備されているが

たぶんループトンネルでしか整備できない区間が
この林道の様な曲がり区間。

  03wDSC03706





いっぷくして、
前後のトレーラーをやり過ごしましょ。

  04wDSC03708







ここから

ホイホイと

長浜市木之本に11時半過ぎに到着。



ふと思い出す。

木之本 = 最近見たブログ = 食う = 『BooK Cafe すくらむ』

  05wDSC03712





入ろうか迷っていたら

風に揺れるのれん誘うような手招き。
では、では

  06wDSC03713





入店すれば、
「お好きな場所をそうぞ」

床の間がある6人座先へ
・・・オッサン一人でも、こんな時は遠慮しません(笑

  07wDSC03716





ここに書いてある平凡な『喜怒哀楽』、

バイクとで『喜楽』の部分を楽しもう。

  08wDSC03717





店内をキョロキョロしながら待てば、

  09wDSC03720

素材そのものを活かして

おいしいく

ごちそうさま。



無料のご飯のおかわりを丁寧に笑顔で進められましたが、
ワタシには、充分でしたょ。




。。。。




出発も遅いうえに、

更に
ここで小一時間を過してしまって(^_^;)

適当に構想とした琵琶湖一周を止めましょ。






とりあえず
『奥びわ湖パークウェイ』へ

・・・京都方面からみれば、奥琵琶湖とのこと。。(^_^)/

  10wDSC03722





なんて日、空と湖面の青さの境界が分からないぐらい

碧く澄み切ってました。


  11wDSC03724





パークウエイから下におりて湖面と

  12wDSC03727





藍のパワーをもらえそう!

  13wDSC03730





そろそろ帰路を考えながら、

近くのメタセコイヤなんぞでを寄道にしました。

  14wDSC03735





  15wDSC03739





ここから
R8へ ~ 越前海岸『しおかぜライン』へ

走る背後からゆっくりと日が傾いてくる。


  16wDSC03745





しおかぜラインの
日本海に突きだすラインが好きだ。

  17wDSC03746





  18wDSC03747



のんびりで・・・・





とうとう暮れてきた(^_^;)


三国港にて夕暮れに突入中。

  19wDSC03754



車を停めて写メする人々などギャラリーが沢山



日本海に日が落ちる様子を一緒にしていたら、



。。。



暮れてしまった。

  20wDSC03765




この景色も目にくれず
釣に集中する方々もいたり。。


それぞれで楽しむ(^^)/


峠、琵琶湖、越前海岸にて、ご喜楽な日のこと。

TOKYO一週間

一週間分の着替えをキャリーバックに詰め込んで

TOKYOへ

  01to DSC03508





小松空港は、自衛隊と同じ滑走路で、

毎回のように機内から戦闘機が見える空港。

  02to DSC03514





飛び出せば我家が見えてプチ感激に浸る時もあり。

  03to DSC03517



今回は。。。

我家が見えてもテンションは下がる一方でした。

気乗りしないフライト。。

....


仕事がらみの東京は、歳も年だし試練なんだよな。

重いバックがかなり重く感じながら(^_^;)

向かう。


気を取り直して、
初日の移動日は、東京のプチ観光と浅草でも。

  04to DSC03520



80%外人観光で人が溢れている(^_^;)

  05to DSC03525



・・・後に、聞けば

「浅草とスカイツリーをセット」にした観光コースが人気とのこと。

どうりで平日でも激混み。

  07to DSC03547





この界隈で30年ぶりの「神谷バー」も元気でした。

ここで、
ことさらにマニアックな「デンキブラン」が相変わらず販売されてたょ。
・・・デンキブラウンは、知る人ぞ知ってるかと。。。(^_^;)



ひととおり界隈を確認してから
雑踏を避け
移動日なので、下町の地元のおっちゃんの食堂で一杯。
創業98年のお店にて

・・・ここのオバちゃんに創業100年だよねと言ったら
キッパリと98年と叱られる(^_^;)

  08to DSC03551





浅草駅に方向に戻れば

浅草と対照的なTOKYOらしい風景に出会う。

  09to DSC03555

久しぶりに黄金の○ンコに出会う。


。。。



夜は、
”新宿3丁目”の雑踏を避けて静かに5丁目へ(^_^;)

ここでリラックス。

  10to DSC03563

飲んで能登産のクチコで更に杯が進む。


。。。。







観光気分も初日まで(ー_ー)!!



翌日から、
その重い仕事モードへ。



朝は、
宿からとりあえず明治神宮を歩く。

  11to DSC03581



代々木公園から原宿界隈を朝の散歩コースにしてました。

・・・どこに行っても歩く日課を続投中(^_^)/





夜は、新宿「思い出横丁」と庶民の酒場へも訪問中。

  12to DSC03591



懐かしい、フラフラ~と昭和の世界も。

  13to DSC03592





こんなところが一番に落ち着く。

  14to DSC03593



  15to DSC03594







好天気なら
宿舎から見える風景がTOKYOらしい。

  16to DSC03604

・・・我家からだと田んぼと山々ですが、ここはビル群だょ(笑



日々、

もう
夜のメシしか楽しみが無い状態へ。

結局、
新宿とかより参宮駅前の中華屋の餃子が、
満足感が溢れたりして(笑

  17to DSC03609



そうこうして、
無事に田舎への帰路になりました(^^)/

TOKYOは、2020オリンピックへ一色の景色。

  18to DSC03620





夜の羽田空港で、牛タンをフィナーレした。

  19to DSC03613



最近は、
こんな印刷バーコードで飛行機に搭乗できると知った田舎者(^_^;)

  20to DSC03618





『TOKYO』は、行き交う人が溢れていた。

  21to DSC03623



仕事がらみの東京は、もうイヤだなぁ。。。と

長かった様な、短かった様な一週間のこと。


秋晴れに越前海岸

我家近くでハレーの集まりがあり、
なんだかんだで娘が受付の手伝をするという。

よって
ジジとババは、孫の見守り隊で1日を過ごした日(#^.^#)





夕方には、
我家からも『ド、ド、ド』と3拍子のエンジン音が聞こえてくる。





バイクならメーカー、車種を問わず好きなので、
定例の散歩コースから会場を覗いてみる。

  01haDSC03454.jpg

関東を中心に全国から集まっているとのこと。



サポートもしっかりしてました。

  02haDSC03447.jpg


高級な値段のハーレーの集まり
200台ぐらいでしょうか。





カスタムは、ピカピカ系が多い。

  03haDSC03453.jpg
  

駐車場は、ガードマンが一晩中、警備すとのことでした。


やはり、
あるところにはあるのだなと思う車群でした(^_^;)

   。。。。。。






10月2日(日)

翌日の早朝から3拍子の排気音に触発されつつ

予報を裏切る好天気もあり
所用をサッサと済まし散歩することに。

全く乗る用意が無いときは、
越前海岸などへ


何度も走るコースなので
寄道には、マニアックなところ(^_^;)





とりあえず
『丸岡藩砲台跡公園』

  06DSC03463.jpg

砲台跡

  07haDSC03469.jpg





もう少し先に進み

『弁慶の洗濯岩』

  09haDSC03477.jpg

弁慶さんは、うわさに聞くばか力だから、

洗濯物がボロボロになったでしょ(^_^)/







ランチ予定場所は、臨時休業と知り

越前漁港「こおのぎ」でコンビニおにぎりランチにしましょ。

  11haDSC03486.jpg





雨の予報日に晴れわたり、海を見ながら外で食べると格別に美味い。

  12haDSC03490.jpg





漁協で
カモメは、そ~~と近づいてきます。

  13haDSC03488.jpg

カラスやトンビと違い、遠慮感いっぱいで愛嬌があり。







その後、
海岸線から一旦、R8号で山を越え、

再度K19号で海岸に戻るコースをチョイス。

  14haDSC03495.jpg



K19号は、二度目の走行で、
途中、初めてのR206号に折れようか迷い一旦停止。



この交差点で、振り向けば





  15haDSC03494.jpg

どんなに広いところでも2台が寄り添って駐車する姿で

間違いなく。。。

土花吉ご夫婦と分かる(^^)/



マニアックな場所ですれ違うこともなく遭遇!



この目と鼻先の「勝蓮花の滝」を勧められる。

R206号を走りたいとも思いながら
滝ハンターの土花吉ご夫婦に従い滝へ

  16haDSC03497.jpg




見えた瞬間になるほど

  17haDSC03499.jpg



落差はそれほどでもないにしろ、
まぁーるく柔らかで可憐な滝でした。

ホ!





この日はホドホドの走り納めて
5年目の車検へ

走行45000kmで、チェーン廻り、バッテリー交換etc。。

ついでにタイヤ交換も進められましたが。。

諸事情で(^_^;)
今シーズンは、このタイヤでゆっくり走ります。

・・・タイヤを変えると長距離したくなるんだな・・・


我家から一歩進めば、魅惑の
ベタなぎの越前海岸と思わず滝に出会えて(^^)/


プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。