初、股のぞきで飛龍観

夏の花のひまわりの季節になりました。

  01aDSC02650


近所に咲く、初めて見たモコモコひまわり
色んな種類があるものです。



バイクでは、一昨年あたりから無理しないをもっとうにする。

・・・もう歳も歳ですし(^_^;)



ただ
バイクで猛烈に暑かったりして
それが色濃く記憶に残り、思い出になっているのも事実(^_^;)

昨年経験40℃!http://snamas.blog.fc2.com/blog-entry-226.html





そんなことを思いながらも

今年の夏は、特別に暑そうだから

”無理せず”をもっとうに涼しい車でGO♪
エアコンがある車が一番でしょ。





我が家から海岸線を南下して100kmあたり
「敦賀赤レンガ」へ

  02aDSC02550



入場料を支払い、中で敦賀港の歴史とジオラマ見学する。

  03aDSC02556



見ればトットと
早々にランチの方角へ

・・・ここに来た目的の一つSL写真展を見るのを忘れました。

しもたと思うが後の祭りのボケ老(^_^;)



ランチの場所をカミサンと合意したら
もう頭の中は、ランチ一色でした。

  04aDSC02597






10:50港にある「どんと屋」に到着

  05aDSC02568



記入予約を済ませた時点で
すでに1時間待ち、
ですから待てばちょうどお昼でしょ。



暑い中、
関西方面からライダーも沢山きておりましたw

  06aDSC02586


・・・バイクって暑そう(笑







待ち時間に街並みでも散策しましょ。

  07aDSC02574



  08aDSC02577







気温が上昇中するも
日陰を歩けば海風が気持ち良い。


  09aDSC02579



  10aDSC02578

クマモンもガンバレと小さくこころのなかで応援していると



店から携帯に順番が近づいたとの連絡ありました。







では、では

前回と同じ穴子を中心にした天ぷら丼を喰ぉ。


大穴子をメインに、海老や鯛に野菜に
たくましく立っている姿が見ると、喰う前に元気がでる(^_^)/

   11aDSC02588





そっと解体し中をうかがう。

海老も大型なのですが、穴子が大きくて小さく見える。

  23aDSC02593





嬉しくなるプリプリでしょ。

  13aDSC02595



敦賀の港前ということで
以前は、8割の方が海鮮丼を注文していましたが、

天ぷらが旨いと知れ渡った様で天ぷら丼が盛況でしたw

ただ、
11時スギに来店だと2時間待ちでしたよ(^_^;)




おいしく


ごちそうさま






消化の時間に「氣比神宮」へ

  14aDSC02562



北陸道総鎮守 越前国一之宮を

地元では「けいさん」と呼ばれているとのこと。

・・・軽い感じ、だけど親しみが湧きますかな。。。



ここの大鳥居が木造部門で「日本三大鳥居」の1つとのこと。



ここでパワーを頂き、参拝しました。

  15aDSC02558

・・・横の日陰を伝いで歩きます。。。



小さな説明によると、

「鈴を力強く鳴らし、神様に自分が来たことをこれで知らせるよ」

とあるw

・・・神様も寝ているときがあるらしい。。。

とりあえず
目いっぱい鳴らして神様を起こしたはずですが。。。

お賽銭も投げ込んだのにホンマに大丈夫かな(笑








消化のひとときを終了させ、もう少し南下しましょ。

「舞鶴の赤れんがパーク」へ



着くなりアイスクリームを食べながら散策します。

  16aDSC02605

舞鶴は、自然の地形で良港になっている盆地的なところということで
波が穏やかで風も無いので

今日も、すこぶるネットリと暑い!

夏は要注意な気温。





今日は、
数日前に大枚を果たしてエアコンガスも補充した満身創痍のボロ車

14万km越えて車検も通しました(^^)/

やっとエアコンが効くようになった車に涼しさを求めて逃げ込む。




さて。




では、では

カミさんが「天橋立」に行けば、日本三景を制覇できるとのことで、

この先30kmを進みましょ。





リフトに乗って

「股のぞきで飛龍観」

  18aDSC02617


「龍が天に舞い上がる」と言われれば、そんな様な気がする。



海と空とこの地形が織りなす景色は、確かに魅了させられるでしょ。


  17aDSC02626

納得し散策





智恩寺へも
「三人寄れば文殊の智恵」の文殊菩薩様が居るとこと。

ここのおみくじは、扇子の形でした。

  19aDSC02637

「文殊の智恵」ということで、今は学問の神様の方向で営業かな。
合格祈願がたくさんありました。








ここから帰路へは、北陸道を北上するのみ

途中、
福井の杉津PAで休憩&夕食

「ラブパワースポット」の一つということですが

いまさら余分なパワーもらっても(^_^;)

  20aDSC02641





いまさらは、いまさらですが

少し海を眺めました。

ここで日本海に沈む夕日と
今日という日を楽しむことに感謝して帰宅です。

  21aDSC02644





せっかく梅雨明けし

夏本番を迎え

  22aDSC02649


暑くて
今年のバイクは夏休みに突入かな(^_^;)

バイクの宿題は、無いと思う。

スポンサーサイト

福井の池田町あたりウロウロ

7月の3連休の初日に晴れ間が覗きました。

気温に合わせて北陸特有の湿度もうなぎ上りするかなと思う日。


すっかり冷房に慣れた軟弱だが、晴れ間ですからと
とりあえづ出てみる。

  01itiDSC02474


我家の近くの田んぼの稲は、
小さな小さな白い花が咲きだした頃でした。



その稲と加賀の鞍掛山をバックに撮影し

  02itiDSC02475





ここで頭の中で適当にコースを設定して再度出発!

涼しくて、のんびりできそうな
福井の池田町かいわいをウロウロしましょ。

  02ikeda







山中温泉から県境を越えて、永平寺前からもう一つ峠を越えて
九頭竜川の支流の足羽川で釣り人を眺める。

  03itiDSC02479


長い竿を巧みに操り・・・随分と高そうな竿。。

確かあの竿は、
鮎釣りに不要な振動を抑えた竿という、うたい文句の高級品。

  04itiDSC02481


ポツポツと鮎が釣れておりました。



走り初めてまだ50km程度のここで

あの鮎を喰いたいと思いながら、
じ~っと釣り人と竿を眺めていました。

  05itiDSC02482


山手の川筋は、なんとも爽やかに涼しい。



少しづつ気温が上昇してきたので先に進みましょ。



龍双ケ滝へ

  05itiDSC02490





昨日までの降雨を伴って見事な流れをみせておりました。

  06itiDSC02493


60m落差の滝百選の一つ
マイナスイオンが充満してます。

  07itiDSC02501

あと、

滝壺の伝説の龍を探すも。。

素人カメラマンも大勢おりまして、
これだけ人がいれば、龍はもうどこかにどこかに隠れてしまった様。



充満した豊満なマイナスイオンを浴びまして納得。



ここから目と鼻の先の

『こってコテいけだ』へ水分補給へ
ここは、「道の駅」と思ってましたが「まちの駅」なんですね。

・・・交通量が少ないからか道の駅まで誘致できなかった?。。。

日陰でゆったりレモンかき氷を食べ

  08itiDSC02514



焼き鳥を喰って小腹を満たします。

微妙なオッサン組み合わせ食で至福のとき(^^)/

  09itiDSC02515





帰路にもう一つ、
バイクで行ける滝に向かうょ。


剣豪 佐々木小次郎伝説の「一乗滝」

  10itiDSC02516

ここで、「ツバメ返し」が生まれたのか?

ホンマは、長い棒でアユ釣りでは?
昔は、この程度の長さの竿でも沢山、釣れたカモ。



失礼な発想しか浮かばない<(_ _)>



  11itiDSC02519


小さな子供たちは、無邪気に楽しそーです。

・・・・


この子たちを眺めていると
とっと帰りたくなり、

帰宅、走行130km弱





そしてサッサと向かう先は、
。。。。

孫のところへ

ジジとババは、ニコニコと手をつなぎお散歩。

  12iti7602523


このころは、
両手をつないで歩くだけでも楽しいようです♪



金沢の住宅街にある「風」で食事へ


  13itiDSC02533





鮎が頭から離れなくて、無性に魚が喰いたくてオーダー

孫と一緒ななら何を喰っても旨い。

  14DSC02530


その孫は、ときおり、
どうでも良い時に
「ジジ、ジジ~」と歌っていますが(^_^;)



ところで

今年も暑くなりそうです。


滝の近くにいる間は、それは涼しくて気持ち良くイイのだけれど

バイクでは下るほどに、
少しづつフレームが焼けだして暑さに、熱さを感じた日


いちお「初夏の一乗山一周」ってところで(^_^;)

走行130弱。。。

信州プラン試走


信州は。。

「白馬」と言う地名だったり
「ビーナスライン」というネーミングだったり、バイク乗りも憧れる地。

すでに何度も足を運んでいるが、

石川からだと近いようで、道のりだと遠い。

  01siDSC02522



毎度、
高速道路で時間短縮の海岸廻りなども味気ないし。





そんなところで

ぽっかり予定が空いた夏休みの
雨がそぼ降る平日に石川発で適当にコースを試走してみた。





混雑する金沢市内や富山市内を避けながら

下道オンリーで長野を目指してみました。

  02sisitamititogakusi


・・・贅沢に4本もタイヤがある方で(^^)/

・・・車の方が燃費がイイし。。


どうしても白山麓と北アルプスが壁になり遠回りになる。

バイクで楽しむを企み、道の太さをある程度に無視し、
信号が極端に少ない市街を避けながらの設定コースを試走。


信号が少なければ、
ずいぶん時間短縮できるのでは( ̄ー ̄)ニヤリ





早朝には、石川の山側環状からK27で金沢大学角間キャンパスをとおり
まず県境の一山を越えて富山の南砺市へ

K25を中心にとなみ夢の平や牛岳温泉などスキー場前の中山間を走る。

岐阜の神岡町手前でR41に入り、

一旦南下。

R471に折れ、安房峠も下道で進む。

  03aboutouge

・・・のちに、思った以上に時間ロス。。
15年ぶりの下道の安房峠は、有料トンネルを使えばよかったと思う。



長野の松本市に入り、市内の信号を避けるためK25・サラダ街道を北上

安曇野市からR19号で長野市善光寺~R406で駆け上がる。



そして目的地の戸隠神社へ

  11siDSC02454



オール下道で距離330km、バイクを想定して
ガソリン給油や道の駅3箇所休憩などなどで、所要8時間でした。

下道は、やはり平均時速40km。

好物のクネクネも散りばめられて、コース的には素敵なんだが。

時間短縮につながる「飛ばせる」や「追い越せる」区間がほとんど無し。
R19は、全線に渡り黄色のセンターラインだったし。。

~試走結果として~
ゆっくり信州プランには泊が必要なんでしょ。





ではでは、

一杯の蕎麦を喰いましょ。

戸隠そばでは、このあたりで集客NO,1の「うづら家」へ

  04siDSC02437


今年のGWには、開店とともに100組以上が待つという事態とのこと。


平日の2時スギですから、
待ち時間0秒にて二階席に案内され

  05siDSC02441



お好きな席ということで、
窓辺から外を静かに眺めながら頂きました。

  06siDSC02444



本場の戸隠そばは、初めて

  07siDSC02448



朝露が滴るようなそば

  08siDSC02452





  09siDSC02451

ツルツルと喰いました。



  10siDSC02453


そばと天ぷらの舞茸の香りが口の中で広がります。

おいしく

ごちそうさま





いちお、
パワースポットの参拝もしまして帰路にします。

昔、どこかで習った 太陽神である天照大神が天岩戸に隠れた時、
岩戸神楽で、岩戸を開くきっかけを作ったという神が祀られてるとのこと。

きっと楽しそうな神かと思う。

  12siDSC02455



ここの三本杉は、両手で触れて木が痛めない様に保護し、
パワーをもらうための工夫されてました。

  13siDSC02456





パワーを充電し、
喰うモノも喰った帰りは、K36から下り途中で展望台

  14siDSC02463



  15siDSC02465



長野は、こんな山奥でも集落が点在している(@_@;)
だから伝説も生まれるのでしょ。


  16siDSC02461





R406に合流し白馬方面へ

R406は、バイクで7年前に通った時より随分と道が良くなりました。

R148・千国街道に入り、日本海側に下る。

日も暮れると
もう車は、つまらなくて朝日ICから北陸道にしました。

  17siDSC02466



往復630km


またまた、
秋には泊として、ビーナスラインも織り交ぜましょか。

車の方がイイかとも思いながら^^;



きっと・・・

・・・・・

せっかく頭にコースをインプットしたので、

ナビ無し、地図なしで

これを15とか17時間駆けて日帰りバイクするかも(#^.^#)


バイクなら楽しいかと。

kawasaki Meeting @福井タカスサーキット

その、
「つまらないモノ?につまらない閲覧パスワードをかけるな」

と直球の叱咤激励?をありがたく頂き

スゴスゴとここのパスワードを外しましたと。






この間の休日といえば

孫とデート♪だったり

  01fDSC02332

撮影するジジよりピカチューの係員が気になる孫ッチ
とか





2スト機で
河北潟干拓地で草刈をしたり

  02fDSC02357

ここの35万本のヒマワリの開花は、7月末頃かな。







プイと、飛行機で東京さ とか

  03fDSC02361







プチプチとバイクで道の駅「瀬女」とか

  04fDSC02364

最近は、
爆音バイクが・・それも群れているときは、

裏側に停めて静かに一服ですよ(^_^;)





日々ランダムながらの行動にしても

”まっとうな”日々を過ごしておりました。







では、では、




北陸が
梅雨の晴れ間になった7月10日(日)

  05fDSC02411



今年は、ご近所で「カワサキ コーヒーミーティング」開催されました。

凪る越前海岸を右手に走る。

  06fDSC02374



会場が近すぎて、あまりにも早く到着しそうで
東尋坊の手前で休息。

波打ち際近くに、3台の一輪車が整然と縦列駐車

  07fDSC02377



福井、越前海岸の「あまちゃん」たちの桶を乗せる一輪車でした。

  09fDSC02380

結構に、沖に出て漁中と知る。



一服後、
先へ進もう。





タカスサーキットに到着

  10fDSC02405



9Rクラブの登り旗を立てた横に駐車。
・・・その登り旗は、宮城ナンバーの面白い方でした。

はるか彼方から700kmの道のりで、ここを目的地として来たんだ。

  11fDSC02408





ウロウロしながらカワサキバイクの見学会でもしましょ。

黒色なのに銀光するH2

  12fDSC02396





公道では特有の運転テクニックが必要と思う隼

  13fDSC02404


  


チョい知る
syuheiの気合が入るバイクも登場させよょ。

  14fDSC02403



その後知る。
syuheiは、会場の歳少年で壇上に上がる。

  15fDSC02410





お・お・(@_@;)



まさしくnamaの3分の一年齢ですがな(^_^;)

しっかりした言葉使い&しっかりとした受け答えですから、
もう少し上の年齢と思ってましたが。。。

人懐っこい笑顔が相まって孫の様にカワイイ(^^)/



そのグループがZ1000sxなどNinjaを

「Kawasaki忍者」と呼ばせたくないようです(笑

  16fDSC02395





そのコアなGPZ900Rが京都からも現れた。

先日の同道にて疾走のお礼を兼ねて
小さいけど、走りは大きなSizuさんに挨拶。

  18fDSC02399

改めて眺め、
Sizuさんは、乗るバイクと同じ高さだょ。







会場では、軽快な司会者の言葉で進行中

  19fDSC02401

・・・軽快な司会者の方は、画面から外しましたけど。。。





ところで

チョロさんグループは、ガンとして
日陰のテントから離れることなく陣取っておりました(笑

  20fDSC02409

あと、
ずっと絶えることがない、永遠に続く可と思える
おしゃべりタイムでした・・・失礼。。





恒例のジャンケンタイムを何年かブリに参加して、
成果ゼロ(ー_ー)!!



ここ三国名産のラッキョ畑の間を走り帰路へ

  21fDSC02415



会場の気温もメキメキと上昇たし。

会場から一番に近くて、冷たい美味しい蕎麦でも・・・



三国町の「どうぐや」へ

  22fDSC02416


まさかの休店中(ー_ー)!!



暑さと空腹で

”くじけそう”でしたが、

喰うこと関してには、クルクルと頭が回転します。



ならば、
200m先の工場兼、食堂の「谷川製麺所」で手打ちうどんだ。

とりあえず日陰の店先で

海風を楽しみながら、恒例にと一服

  23fDSC02423





元気がでそうな「豚キムチうどん」とした。

  24fDSC02422


見た目よりアッサリに手打ちうどんですから
コシがあって、ツルツルと

おいしく、
ごちそうさまでした。


小さな路地にかまえるお店で
ご近所さんが集まるうどん屋さんでした~。





さらに気温が上昇する中、

直球で我家にへ

本日走行、約100km弱



外は、まだ明るいけど。
豚キムチ食べたら無性に飲みたくなったので。。

  25fDSC02425



バイク日なのに久しぶりにゆっくり過せた日


AMにご近所、カワサキミーティング。

PMは、アルコールに浸りジジィの体の休憩とした日のこと。


プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR