スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島@南郷ひめさゆりバイクミーティング2016


福島のミーティングを目指しながらも
1日目は、山形の米沢で宿泊した日の夜から

夜のとばりが落ちる頃。
テクテクと米沢駅を横断

  02sDSC02280



  03sDSC02279

>よくぞ来られた
のポスターを眺め



とにかくnamaビールへ

  04sDSC02283



カウンターに座り
「本日のおすすめ、上から順番に」と注文。

ホ!悩む注文が終わったw

あ、地酒も

  05sDSC02286



おすすめ上から順番で
一番に旨かったのは「月山たけのこ」だったり
・・・この頃、月山のタケノコ採りでクマ騒動があったケ。

  06sDSC02290





自然に笑みがこぼれるナミナミも追加したり^^;

  09sDSC02297


ここ米沢の駅前「居酒屋 ゆあーず」は串が美味しいとのこと。

体全身がアルコールに浸る頃
そろそろ明日への英気も養うことで
飯も腹に収めましょ。



なんだかんだの話の成り行きで、

メニューには寿司の”ス”の字すらないが、
店のおやじさんに寿司を握って貰いました(^_^;)
・・・少々渋っていましたが。。。

  10sDSC02292

ムロアジから一切れ取れるトロの部分



もうトロトロで

美味しく

ごちそうさま(^^)/

こんな店ですから、大そうに繁盛してました。

・・・自慢の串は一本も喰ってませんが(^_^;)

やはり、
地元で密着する居酒屋がイイよ。







夜が明けた6月12日(日)

朝から日課の散歩で「上杉神社」などを散策

  11sDSC02299



もともと米沢城に建てられた神社とのこと

  12sDSC02300

城下町とし要塞のように発展を遂げていたんだと知る。





ホテルに帰り、
部屋の鍵をフロント係りから受け取るとき。

「早朝から2時間も歩いて、今日、バイクで石川に帰るのですか」

あの~歩きやバイクなら1日中でも大丈夫ですが。



どうも
変?・・・・・らしい(@_@;)







8:00南郷ひめさゆりミーティングに向けて出発!

  01sDSC02327



R121をチョイスしました。

道の駅「田沢」でR121通過の記録写真

   13sDSC02308


山形~福島の県境は、信号なしの快適ルートです。



走りながら、ふと思う。
「せっかく泊なのに、目的の会場から150kmも離れたところで
宿泊とは、計画性不足しているw」

でも、
次回は、蔵王あたりまで足をのばそうか♪



順調に走るも
喜多方から新しく開通した「会津縦貫道」を初走行してみました。

どの方向に向かっているのか分からなくなる。


思い描いていた柳津方面で会場へ入るルートから離れている模様。



縦貫道が終わったところで、
信号待ちの山形ナンバーのセローさんにスリスリと追いつき。

大きな声で、
「コンチワ!どこへ向かいますか?」
「南郷」との答えを貰い「付いていきます<(_ _)>」



途中でコンビニにて休憩

  14sDSC02309



コチラ
「水分の出し入れとタバコするので、お先にどうぞ」
「ここからの道は、だいたい雰囲気で分かると思う」、
    
山形セローさん「待ちますよ。ごゆっくり」

船頭、本当にありがとうございました。

石川ナンバーなのに、
会場を飛び越えた山形からの参加する方もいるかと、
山形セローは、苦笑い。。。してましたが、

適当に追越しなど、慣れた感じで後方のワタシにアシストして
ステキに船頭して頂きました。



結局、
会津縦貫道から会津経由と
おぼろげな構想ルートの正反対を走りました。


到着

  15sDSC02311

年々、バイクの台数が増えているようです。
出入り含めて1,000台あまりが集結とのこと。




会場の様子
  16sDSC02312





それで、
七夕の日のように、南郷で年に一度会うオッサンたち

笑顔がイイのでモザイクなしで登場させるw

宮城から山形とか、大阪勤務になっても福島に集結ですね

  17sDSC02315


南郷のリッパなアスパラもびんさんが持つと、
とても細く見えますw

こちらでは、
なにがあろうと日陰テント下グループ♪

  18sDSC02317



暑くて
ワタシも、そのテント見守り隊に入隊中

  19sDSC02316



  20sDSC02318





食うものを喰って、
皆さんの元気な顔も拝見できまして
楽しく帰路とします。



R252で福島から山越えで新潟へ

峠の手前の只見湖で気合いを入直し

  21sDSC02321



スイスイと新潟に入り

魚沼の道の駅「いりひろせ」で
福井のローキンさん達に追いつく。

  22sDSC02322



走るペースが
ほんの少々合わないのでお先です。



あとは、
関越道から北陸道で南下するだけの単純航路。





旅の終わり際は、
オッサンだって一抹の寂しさ。

・・・・

そんなとき
富山の小矢部川SAで給油していると、

隣で給油している京都ナンバーの黒いバイクを発見。

突然ですが、
はじめましてと挨拶も早々にスタート

『これが男前なsizu走り』を見せて頂きました(^^)/



彼女は、ひめさゆりバイクミーティングには、
日帰りかと。
このあたりなら今日の走行が1,000kmを超えるころ。

コチラは、二日間トータルで1,200kmを超えるころ。。

楽しく・・・ありがとね

【疾走】。。。とだけ記録する。




  「福島@Rise」

  23sDSC02331


今回もフリーで自由に適当に走るも、

朝飯を一緒したり、お守りを頂いたいたり、船頭してもったり

会場の設営や運営するバイカーだったり、
高速で高速の走り方を教授してもらう(笑

etc・・・

出会う皆さんのおかげで楽しく走ることができました。

出会った皆様に感謝し


二日間で走行1,270kmのこと



スポンサーサイト

福島@Mt Bandai

夕食後、天気予報を眺めていると、
北陸から東北地方の降水確率が随分と下がってる。

雨に逢っても半日で済みそうと確信。

急きょ、パソコンで宿を探す。

”お安く”、”便利な” ビジネスホテルが満室で見つからない。。。。
・・・便利は、居酒屋が近いという意味合ですが。。



再度、走るコースを頭の中でめぐらせて
宿の範囲を広める



6月11日(土)AM7:00

この世の浄土を目指して走りだしました。

  01sDSC02251
<浄土平にて相棒と>





コースは、おぼれげにも道を知り
地図を見ることなく走れる福島、山形へ

  02skokusimarainmap



磐梯山を表から、横から、裏からと四方から眺めながら走るコース

●福島スリーラインの
「磐梯山ゴールドライン」
「磐梯吾妻レークライン」
「磐梯吾妻スカイライン」を堪能し、

戻って

山形に貫ける
●「西吾妻スカイバレー」(K2号)楽しむ。

3度の標高1000m越えを繰り返すコースとしました。



スリーラインまでは、北陸道と磐越道を使い距離440kmあまり、
高速道では、一定スピードで体力の温存走行。

有磯SAにて

  03sDSC02220



翌日の福島「南郷ひめさゆりバイクミーテイング」に参加予定の
バイクキャンパーと声を交わし、朝食です。

  04sDSC02223

富山のとろろ昆布を乗せてあるそーです(^'^)

ごちそうさま

では
また会場で会いましょ。





米山SAで休憩
ここでは、安田牛乳バニラアイスでしょ。

  05sDSC02228

甘さ控えめで滑らかなアイス♪



この日は、暑くなりました(^_^;)

走っている間のバイク廻り温度
  041sDSC02230

この36℃の風が、常に足元に吹き付ける。。。
チョイ体力消耗中

ここから、
インナーを脱ぎフルメッシュ仕様でスウスウしながら走りましょ。





AM11:40には、 磐梯河東ICからMt Bandaiへ

その姿が正面に現れる。

  06sDSC02231





表磐梯から見る山体は火山とは思えない様相で静かに整ってます。
ゴールドラインを登りながら眺める

  07sDSC02235



眼下には、猪苗代湖

  08sDSC02233



ゴールドラインは、ずいぶん舗装がキレイになってました。

スイスイ~と



桧原ビューラインから見え隠れする磐梯山

  09sDSC02242





  10sDSC02240





レークラインも快調に走行。




スカイラインに突入

  13sDSC02246



  12sDSC02245



  11sDSC02248







お昼過ぎには、

浄土平に到着

  14sDSC02250



荒涼とし如何にも火山地帯に近づいたと感じる。
気温は、30℃から18℃へ

  15sDSC02253





この景色に、季節ごとに湿原に咲く花々と併せて
この世の極楽浄土とのこと。

  16sDSC02256



車で訪問の方は、
トレッキングや湿原散歩などで浄土を楽しんでいる様です。

ワタシは、
ここのレストハウスのランチタイムで極楽を感じましょ。


2Fに上がる階段の踊り場で

福島の復興への思いと、
ここに来たことを記しておきましょ。

  s17DSC02258

耳を書くのを忘れました(^_^;)
が、
おおむね似ておりますw(笑





ランチは、「福島産えごま豚の肉そば」

  s18DSC02260



トロトロな”えごま”が
お美味しく

  s19DSC02261

ごちそうさま



ガッツリとソースカツなど食べようと思ってましたが、
スリーラインを大急ぎで走れば

フラフラと酔ってる。バイク酔い?ってあるのか。。
軽くそばとしましたとさ。




この先の福島市内方面は、秋まで工事中の通行止めなので、
スカイラインをUターン。

路面状態も把握したので、更に快調に進む。

福島スリーラインでクネクネは十分なのですが、

。。。。

フィナーレには、更にクネクネの西吾妻スカイバレーへ

  s20DSC02265



この日はすでに、ここまでの走行が600km越えのあたり

でして、

でも、

もう笑えるぐらい連続で曲がっていますw

看板に偽りあり「七曲り」の3倍の21曲がりでしょ。

  s21DSC02266



足がつってきました(^_^;)

  s211sukaibare.jpg

登りにカーブあれば、必然に下りも楽しいカーブがてんこ盛りでした。





16:00頃に宿を予約した山形県米沢市まで到着。

この日の山形は、気温30℃越えで暑い。

ここまで、適当ながら予定どおりですが
暑さに耐えられるか。。。

バイクを降りて、屈伸運動して

長井まで30kmなら行けそう(^^)/

ホイホイと「總宮神社」に到着

ぐうじさんのバイクを眺めて

  s23DSC02272

スズキ刀車が見当たらず留守カナと思いながら



生まれて初めて「茅の輪くぐり」をしました。
オッサンの初体験

  s24DSC02268





バイク用と車用のお守りを納めて
ここでは、初詣になります。

  s25DSC02274

初めての「茅の輪くぐり」だから
50年にプラス数年分のけがれは、簡単にとれると思いませんが
少し体も軽くなり(^^)/

距離より暑さで、
ヘロヘロになった体がよみがえりました。

ぐうじさん、ありがとうございました。





ではでは、

ぐうじさんから教えてもらった道のりで
17:30頃米沢の宿に到着

  s26DSC02277


有無をいわせないで(^_^;)
。。。。
ご厚意により屋根の下に停めさせてもらったw





更新された新しいお守り装着し
アルコール注入が待っていると思うと。

また、元気が出て来たり。

  s27DSC02278


宿の場所は確認してこなかったが、
居酒屋の場所はインプット済み(^^)/


走行667km

宿の周りで道に迷わなければ666kmのぞろ目だったのにとか
思いながら


適当にナビ無し地図無しの旅もイイもんです。


バイカーですから
翌日の福島「南郷ひめさゆりバイクミーテイング」の

走り尽くして前夜祭とした日のこと。

恒例の全天候型バーべキュー

5月末のこと、

「大日山一周」と名をうち
・・・R157瀬女~山中温泉♨経由の2時間コースへ

見栄っ張りで、タイヤの隅を削りに行きました。

バイカーのbakaでしょか。。(^_^;)

  01sdainiti





削るのに忙しく、撮った写真はこの2枚

  02sDSC02179





福井は、田んぼの真ん中に白い恐竜がいました。

  03sDSC02182

ライトアップされた夜に訪れたら恐そうと思う。





ヘタレは、隅まで削ることも出来ないまま
サッサと帰宅して



それより
毎年の我家恒例のバーベキューへ!

恒例と言いながら、そろそろ途切れるかな

思案してましたが、

皆、時間調整して集まってくれましたw

  04sDSC02158





全天候型のドームの我家の田舎車庫です(^_^;)


いつものとおり
準備と片付けは、ジジで開催できました。



・・まぁ、
準備段階の午前中からアルコールを注入してますが。。



カメラを向ければ、遠くても孫は両手ピース

  05sDSC02159

この孫に休みを合わせたのでしょ。



・・ちなみに調整がいらないのは、ジジとマゴ





ジュ~ウと炭火で、やんわり焼けてくれば、
なんにも気兼ねすることなく、思い思いに喰う(^_-)

  06sDSC02168







孫は、BBQよりシャボン玉に夢中

  07sDSC02170





体全身で喜び、シャボンを追いかける

  08sDSC02172

ジジは、
ビールを片手に目を細めることとなりあす。







その横で
焼肉の”しめ”は、やはりシロでしょと
イッチュマエになった男どもの談義しながら喰う。

  09sDSC02175






食べるを集中する大人に、



切実に訴える孫ッチ
「だれか、シャボンして!」

  10sDSC02176

そんな時は、母親になった娘が頼りですかね(^_-)




そうこうして、

今年も、
チチ 、ジジ主催でまごっち主役のBBQが

炭火焼きが絶賛の美味しく
との好評も頂き。。

恒例を今年もつつがなく開催できました(^^)/


白山一周外回り

もう5月22日(日)のことだったりゞ(´Д`q汗)+・.

この頃、
爽やかな風に誘われて2日連続でバイク。


白山一周にせせらぎ街道と山中温泉を織り交ぜた白山一周外回で

石川⇒富山⇒岐阜⇒福井⇒石川の時計廻りに走りました。

  01shakusanisyu

下道オンリーの400kmコース。





金沢大学角間キャンパスからR156で富山に入り、
飛越峡合掌ラインとの愛称を快調に走る。

世界遺産の「五箇山の合掌造り集落」を通り過ぎるたところで、

快調に走るも150kmで休憩も写メも無く。。


せっかく世界遺産を通るのだからと、菅沼合掌造り集落の横
富山の「五箇山合掌の里」へ


ここの特典は、

せ・こ・く・駐車料金が無料と
バイクが合掌造りの軒先まで入り込めて

のんびり放題(^^)/

  01sDSC02112



  02sDSC02119







広い敷地に20棟あまりの合掌造りが保存のために移築されいる。

  03sDSC02110



整備された駐車場には車だと50台以上駐車可能

トイレはキレイ。

自動販売機あり。。。

ですが、

ホンマに
ワタシ一人しかおりませんでした~(笑
・・世の中にセコイ人ってワタシぐらかな。

  04sDSC02114



ただ、ただ
静かに新緑と合掌造りがステキでした。

  05sDSC02123

ひたすら走ることをテーマとしていたので
道の駅に寄ることなく、

こんな静かな所もイイ感じかな。

自問自答しながら(^_^;)



では、
ここでの撮影会をさっさと切りあげて




R156を走り

ランチへ♪

岐阜の「食事処 次平』に到着


昨年の白山一周には、終ってました(^_^;)

閉まってました「次平」http://snamas.blog.fc2.com/blog-entry-215.html



  06sDSC02129




そよそよと谷を吹き抜ける風がのれんを揺らしてました。

  07sDSC02131





11時30分の開店まで20分ほどあり
自撮りでもしながら、そよ風を楽しみます。

  08sDSC02133

山あいで店先でバイクと一服で

開店を待つも至福な時間(^^)/

・・これに余裕をもって足を組めるぐらいの長さがあったら。。





次平でのオーダーは、「トロロステーキ焼き」

  09sDSC02135

大豆と味噌が表味と隠れ味を醸し出して、

時間と共に火がとおり、初めトロトロのから
ズンズン香ばしくなる絶妙に変化が楽しめる。

  09sDSC02136

山菜も乗っているので、山菜好きなら絶賛でしょ。



おいしく、頂き、感激し


ごちそうさま。

次回には、横で喰ってた
鶏ガラスープの純朴なラーメンも食べたくなりました。

・・前回、店が閉まってたことをおかみに話すと、

「お客がいない時は、早めにしまうんですよウフフフフ」とのことで

「ウフフ」と
なぜか一緒に笑ったり、

客の扱いが上手ですね(笑



お腹も満足したなら次に進む。



途中に、
5連水車が初めて水で回てるところが見えたので記念撮影。

やはり水車は水で廻って清涼感がでます。
少々暑くなってきた気温に跳ねる水がシャワーのようで気持ちよく。

だが、ヘルメットを脱ぐことなく、

  10sDSC02140



次へ

  11sDSC02141

今日は、無駄に止まりたくないけど
せせらぎ街道の手前で確認しますw

道の駅ぽい「せせらぎ」でスーパー7の集まりの方々に

車がステキと褒めて。。。
と、

「サイン会」ある?
・・「サイン会」は無し。

「白馬」は走ってる?
・・「白馬」は、今はいないが、いると思え!。

突然の質疑にも快くお答えを頂きました。


情報を得て
では、

ここでの長居は無用(ー_ー)!!



今日はせせらぎ街道では、当年とって初めてのソロ、

ときどきバックミラーを見ながら

躊躇なく走ろう!

ほどほどにですが(^_^;)



飛騨ナンバーや岐阜ナンバーの車は、
手慣れた感じで路肩に寄り、追越しを促す。

お先に。。。


これまでは、”ア!”っと
いう間に通り過ぎるてましたが、

今日は、ソロなので
初めて中間地点で停まりました。(^^)/

  12sDSC02146





新緑の林間コース

昨年の豪雨の傷跡も修復されて爽やかなバイクコースだw

  13sDSC02145



その後も新緑を楽しみながら走れば、
あ!
っというまに

ホイホイと福井の恐竜親子のもとへ

  14sDSC02152





少々休憩。

少し人気の無い物産館の方でごく普通のアイスを購入。

  15sDSC02153

ご当地○○○。より普通のアイスが一番おいしかったり。。




小腹を満たし、
途中バイクのハイオク大腹を満たして

家飲みに向けて走る。

せせらぎ街道は、バイクイベントも無いのに車よりバイクが多かった。

  16sDSC02149



メインデッシュのせせらぎ街道で、
初めて途中停車などしたとは。


歳でしょ!(^^)!


福井@今庄の太い蕎麦へ


5月21日(土)のこと

R305越前海岸へ走り出し、
奇岩やエッジの効いた海岸線を眺めながら
一挙に山手に向けるホノケ山トンネルを駆けて、



ホイホイとR365から今庄「そばの里」に到着。
ここで
ちょうど店先に北陸線のサンダーバードが通りかかる山間。

  01sDSC02071






ホンマの正直のところは・・・
22日の今庄の蕎麦祭りの日を間違えて
21日に行ってしまマッタ日のこと(^_^;)


今庄まで来て開催日を間違えたことを知り、
唖然としなが会場手前でUターンしてきましたw



適当ですから修正して。。
ホイホイとここに入店の経緯でした(#^.^#)


この頃、
福井県のいたる所で、土曜日から春の蕎麦祭りが開催され

今庄もテッキリ、
先入観で土曜日からだと来てしまった。。。

事前の適当な@調査だw

  02sDSC02072



ちょうど、
一個師団のお昼のお客が帰ったあと

一人で貸切状態な店内へ。

  03sDSC02074





福井ですから、おろし蕎麦をオーダーしました。

  04sDSC02078

今庄の太くて短い田舎蕎麦を伝承しているとのこと。



初めての来店と告げると
サービスで湯蕎麦を持って来ました。

  05sDSC02080

なるほど、
蕎麦自体の味に自信の表れ(^^)/



シンプルに蕎麦の香りを楽しめて

おいしいよ。

太いのだけどツルツルと喰える。

  06sDSC02082





開催日を間違えたけどステキな蕎麦に出会えて


ごちそうさま。



・・・ちなみに、
この店は翌日の今庄蕎麦祭りには出店しないとのこと。。

・・・沢山のお客対応に
質が落ちる事を避けるためだそーですw

お喋りが大好きそうなおかみさんでした(^'^)





では、

またマニアックなコースへ突入しましょ(^_^;)。。


この店前から目と鼻の先にある「旧北陸鉄道トンネル」へ

自分でも
相当にマニアックなコースを選んでいると思うw

  07sDSC02083

旧鉄道敷きが市道になって
信号機による一方通行トンネルの道(^^)/





怖い物見たさもある。。。



昨年の春に通った近代化産業遺産
今は県道の「柳ケ瀬隧道」http://snamas.blog.fc2.com/blog-entry-214.html



このスポットに瓜二つの兄弟トンネルだw

  08sDSC02085


ここは、
「柳ケ瀬隧道」の様な
なんとも言えない息づかいや気配が無くて大丈夫でした。

ホ。


トンネルが短かくレンガ造りが

程よくマフラー音をホルンの様に心地よく響かせました。


  09sDSC02086






トンネルを抜けると今庄宿、

古くから幾重にも重なる南条山地は北国街道・北陸道の難所で、
山中峠、木の芽峠、栃ノ木峠、湯尾峠のいずれかの山越えの道を選んで今庄に至り、
京または江戸へ行き来する人々の宿場町とのこと。



このあたりの旧北陸道も散歩したくて事前の偵察です。



まっピンクの耕運機テーラーと花壇を眺めたりしながら

この位置を中部北陸自然道の案内看板で確認。

  10sDSC02091

丘程度の山歩きなら1日に20km程度として
ランドマークを含めて、今庄で山々の位置関係の確認ができました。





谷を挟んで向かい側の

「たくら街道」あたりも偵察したり(^^)/

  11sDSC02097





この頃、
刈り取りが始まろうかという大麦に
谷を貫ける風に波打つ。

  11sDSC02096





蕎麦&ウォーキング場所の偵察も蕎麦祭りの日を間違えながら終了。


帰路も越前海岸に戻り

エッジの効いた海岸線を眺めながら走る。

ここで海岸で唯一に白い岩のところ。

  12sDSC02104


ちょと調べれば、

「鳥糞岩」といい、カモメの白いウン○で着色されただけのこと(ー_ー)!!

・・もう少し夢のある物語があれば。

・・・これも、自然の営みの中での風景でしょ。

  13sDSC02108





ではでは、

秋には、
今庄あたりで新蕎麦でも喰って
トレッキングしようょ(^^)/

やたら
熊出没に注意の看板だらけのところばかりでしたが。



バイクならではの爽やかな風を楽しみました。


プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。