Miwaさまに会いたくて東京ドーム!

4年に一度の『史上最強の移動遊園地』
『DREEAMS COME TRUE WONDERLAND 2015』

が始まったょ。

日本の 4大ドーム 5大ドームの東京、福岡、名古屋、大阪、北海道を巡るドリカムの楽しい夢の国



『美和ちゃんに会いに行こう』


  02sfull008







ならば、
ワンダーランドの初日2015・11・28東京ドームへ

  01sDSC06024
<会場で配られたパンフレットの表紙>





夢の国への旅を始める。



それは、
北陸は前日からの
雨あられの大荒れでしたが一旦落ち着いき、青空がのぞきだした雲と。



そんな空を眺めながら
田舎の駅からスタート(^^)/

  03sDSC05865







お供は、カミさん

どうもワタシの方がお供かな?


金沢で北陸新幹線に乗り換して

  04sDSC05868

二人とも初北陸新幹線で満面の笑みで出発。





ただ、
同じ列車に乗り込むものの、微妙に目的が異なる。

カミさんは、『なまドリカムをドームで見る』

ワタシは、『なま美和さまに会いに行く(^_^;)』





姪っ子に確保してもらったチケットを握りしめて

今回はとりあえず方向は同じの様だ。


金沢からの北陸新幹線がこの旅のスタートのようなもの。

ではでは、
tokiyoを目指して「かがやき」に乗って行きましょ。

座席に座るか否かで、

さっそく新幹線の車内販売の

石川の地ビールhttp://wkwkfarm.com/「グランアグリ」で乾杯

  05sDSC05877



不覚にも缶ビール一杯で、うとうと眠りにつきました。

。。。。

目が覚めたら、すでに東京駅だよ。

  06sDSC05945







駅前から皇居あたりを散策して

  07sDSC05889



東京ドーム近くのホテルで

明るいうちから、やはり(ー_ー)!!ビールで祝杯。

  08sDSC05898





そろそろと、

ワクワクしながら出陣しょぅ。

  09sDSC05902

日頃は、嫌気がさす人の波も

この日は、
上機嫌でゾロゾロと人々に混ざり行進。


会場へ入る。

もちろん撮影禁止だから開演前の雰囲気だけ撮ったw

  10sDSC05907


野球の時は、プレーするグランドにも客席が用意され約5万5千の観衆。



そうこうして、始まった!



ホームページで公開された画像でも

  16ssbody_231531


エネルギー溢れるパフォーマンスからいきなりスタートして
息つく暇も与えられない!

会場内に笑顔と夢の空間!
凄まじい迫力のパフォーマンスと素晴らしい演出!

絶え間ない波のように凄いに凄いが襲ってくる!

五感に響く。
まさに『史上最強の移動遊園地』

。。。

吉田美和さまは、3時間半、35曲を全力で歌いあげた。

絶えることの無いエネルギーを頂きました。。。



これも公開画像より

  17ssbody_231916



。。。


終了後は、

なんとかビールとワインでクールダウン?させました。








・・翌日。。。

東京の朝

この日も絶好調なお天気でした。

  11sDSC05930


やはり、東京w、
でっかいビルが沢山(^_^;)

まだ、
ほんのりと夕べのドリカムの余韻に浸りながら

ハトバスでゆっくりしましょ。

  12sDSC05940




初めてのスカイツリーなどなどetcと廻る。

  13sDSC05985
<ハトバスの車窓より>





その濃厚なドリカムしたので、

  14sDSC05998


スカイツリーから富士山が見えても、どんな名所を廻っても
どうも感動が薄いw。

ヤレヤレ(笑







北陸新幹線「かがやき」で帰路。

  15sDSC06018



。。。。

 。。。。

  。。。。


miwaさまに会えて、声を聴き



その~
1曲目から目が潤み出したのは、カミさんには内緒。




次回の4年後のワンダーランドは、退職頃だから

仕事をほっぽり出して、ずっと付いて行こう(^^)/



呑み助オッサンのMiwaさま信者の東京編


どうも

スポンサーサイト

小春日和に誘われて越前三国へ

11月の三連休は、仕事だったりと残された時間は、

11月22日(日)の午後のみ。



18℃という小春日和に誘われて薄着で出発。

  01sDSC05785





その5分後に帰宅。。。

通常は、
一旦、出発すると糸が切れた凧の様に、

一反木綿とヒラヒラとさまようのだが・・



戻ってきたバイク音を聞き、家族が玄関に飛び出て来る。

「コケた?」

・・・・・

チチ「いや」

・・・・・

あの~

「走ったら寒かった。もう一枚、服を着るw」



「もう歳なんだから。。。初めから着ないと・・・」

と、
的確な年寄りへのアドバイスのお言葉を頂きまして再出発。





越前海岸方面へと海岸線を南下する。

東尋坊とかをパスして、三国に到着

  02sDSC05787



そろそろ、
福井の新そばでも喰いたいと、三国神社前の。

そば屋なんだけど「どうぐや」で遅いランチへ

  03sDSC04722





福井ですから、もちろん「あげおろしそば」を注文した。

  04sDSC04720







一時、油揚げに退いてもらい

  05sDSC04721

福井県産そば粉を使い、ウルメ・鯖節などで取ったダシを合わせ、
昆布のうま味がタップリ出たダシ。

とのこと。



シンプルなあげの味と共に
美味しく、幸せに頂きました。



ごちそうさま



その。
店内の大量の骨董品がなければ、
もう一度、行きたいのだが(^_-)





お腹も満足しまして
みちの駅「みくに」へ

  06sDSC05786



シーズンオフを惜しむ様にバイカーが来てました。

・・・98%オッサンばかりです。。。。

・・・そのオッサンの中でも、堂々と年期の入った年長みたいだw(^_^)/







ズワイと言えば越前カニでしょうが
シーズンインにしては、思ったより道は空いてました。


体とエンジンを回すことが目的ですから、
ここでスンナリとUターンして帰路へ。





走る道で18℃の温度を確認しながら
この日は夕暮れも冷え込むことも無かろうと

ズワイを見学の寄道しましょ。

  08sDSC05792

飛ぶように売れているし。。。



セイコガニもお腹がパンパン
だから、値が張る。。。

  09sDSC05793

ゆでる前まで、
動いていたのだから新鮮なのは間違いなし。



ズワイの方を覗くと

流石の三国ブランド
値段は「目が飛び出す」と同時に

手も足も何もかも縮み上がるw


額に汗して、
ひたすらゆでるお兄さんの自然と笑みがこぼれてます。

  10sDSC05796

その気持ちが分かります。



のだが、



コチラは、
値段を見ただけで自然と顔がこわばりますw


無料の匂いだけを存分に頂きました(^_^)/。。。





こわばった顔と縮み上がった手足を

この日のやわらかな海風にさらして帰路へ

  07sDSC05789




さてと、
レベルが落ちますが
我家産で今が旬の源助ダイコンを喰おうか。

週3日は大根の煮つけだよ(ー_ー)!!

これが永遠かと思うほど、
毎年クリスマス過ぎまで続く我家ふぅ。。。


食べきれなくて、干し大根へ

  11sDSC05746



三国は近かったがズワイへの道は遠いw



ただ、
大根に自家製ゆず味噌が一番でやす。
・・・ホンマかいな。。。



大根ならバイクと一緒に撮影できるでしょ。

  12sDSC05799



あまくて美味しい、
今が『北陸を代表する旬の源助ダイコン』を喰いながら。。


この日の石川と福井県境は、福井ナンバーバイクが石川へ、石川ナンバーが福井へと
ラストになるかもしれないショートツーを楽しんでいました。

走行距離約90km





紅葉狩か越前海岸の夕日狩りか

11月に入った頃から

霊峰白山が白化粧を始めたとの知らせ。

  01sDSC05628



残り少ない北陸の晴れ間に
今年の紅葉とバイカーも記録しましょ。


と思いつつ、


歳と共に寒いのは御免で、
暖かな時間に身近な白山瀬女方面へ出かけた。

  02sDSC05586



まだまだ
紅葉には早いようなポカポカお天気でした。



バイカーの休憩基地になってる「道の駅瀬女」をサッサと走り過ぎ



一気に『白山ホワイトロード』に向かう。

  03sDSC05609


でも


ホワイトロードは二輪通行禁止ですから、


入口の無料区間までの走行。

  04sDSC05619





11月初旬でも、
ここまでくれば北陸に紅葉と出会えるハズでしたが、

  05sDSC05618


妥協すりことがなければ、
もう少し一歩カナ。



もう少し冷え込みが重なれば、

黄色に燃えるような赤色加わり
もっと豪華な秋色を演出するでしょ。



これから寒さと戦う構想もサラサラなくて。



今年のバイク紅葉狩りを身近で温かく終了することに(^_-)



・・・・・・







ほんの少し心のこりで。。。

天気予報を睨みながらスキを狙っていたことも確か。。
静かに、黙々と仕事し、打合せなど入れない日を作るぞ。


・・・・・

そして
平日に休みを取るぞ~(不敵笑
と作戦練りましたが、

そうは、
簡単に問屋が卸してくれませんでした。

・・・・

せめて、
・・・半日でも。。。


甲斐あって、メデタク取れたよ。

●11月5日の平日の午後、
何とか天気が崩れる週末前に、休みがとれた~。

・・・準ズル休み半日休。。。


福井の「あわら夢ぐるま」の丘を駆け抜けて

  07sDSC05631







北陸の穏やかな越前海岸を走る♪

  08sDSC05635





この日の日本海は、ベタなぎ

穏やかな日差しに越前海岸は、
あいかわらずエッジの効いた岩

  09sDSC05638
  






海岸線のR305からR365と東に折れて

碧い海から紅葉もテーマと「福井県陶芸館」へと欲張った。

  10sDSC05649



ムム、
想定より紅葉が薄い場所でしょ。



とりあえづ
予備知識の範囲で岡本太郎の作品があるとか

バイクでグルグル公園内を廻り捜索して見つけたぁ。

  11sDSC05660

近くで見ると、結構に文句を言いたそうな顔(笑





どちらかと言うと
その近くの「こんにちは」という題名の
ひよこのモニュメントがカワイイ

  12sDSC05656





あと、
その横の横は、オスの先?も気になるかな。

  13sDSC05651



元気なモニュメント達を早々に後にして、

その先の初めて走るコースK3号からK19号を走り

R305に戻って海岸線で帰路としました。





11月なのに柔らかい日差しと日本海

  14sDSC05673







  15sDSC05675


午後遅くからの出だしで、
燃えるような紅葉に出会えなかったが、

真赤な夕日に出会えるかカモしれん。


  16sDSC05680







期待できそうかな。

  17sDSC05686





東に向かい走り、
西の空を振り向きながら進む。


アレレ。


雲。。。


  19sDSC05690







雲の隙間から夕日

  20sDSC05693


なぎの日本海が醸し出した、
なんとも不思議な黄色い夕日になりました。


燃えるような赤には遭遇できなかったが、
この場面に出会えて心のこりも解消!(^^)!



さてと、

日本海の潮風と戯れたバイクを洗車して
オフシーズンへ






加賀温泉郷 山中温泉をWalking

昨年の紅葉は、京都まで遠征しましたが、

田舎者は、あの大混雑がトラウマに残っており、

  01sDSC05536



11月25日(金) 10月25日(金)だった。
お手軽に家から20分ほどの、
山中温泉「こおろぎ橋」へ紅葉の偵察とした。

  02sDSC05515



駐車を街外れにして少々遠くからWalkingです。

テクテクと歩く



まだまだ、モミジは青かった~。

  03sDSC05519



ところどころ黄色が色好きづきだしたところもチラホラ。

  04sDSC05521





我家は、
山々の木々が赤くても青くても、
食い気ですね。



肉屋だけど、コロッケが美味しい「いづみや」

カンパイ!

  05sDSC05523

揚げたて、サクサクと

ごちそうさま



そぞろ歩いて


総湯を過ぎれば、

足を止めたのは
商店街主催の路上BBQ大会

無料のトン汁を頂いて、牛クシを購入して

ジュ~ゥウ~

  07sDSC05528



ここでカミサンささやく。

「値段も極端に安いし、どうも、ここの町内会の集まりよ」

チチ

「町内のどこかの親戚かと思うよ。カマヘン」

と、
ワイガヤガヤと肉を焼いて食ってます。


炭火牛串うまかった。



すでに、
十分に腹がふくれてしましました。

が、


カミサンささやく
「初心貫徹」


では、目的地は、前方100mの「中華長楽」へ

  08sDSC05531





鶏ガラ塩ラーメン

  09sDSC05529

しっかりと鶏ガラの黄金に輝くスッキリスープにコク



それに、
ここに来たら食べないといけない

手作りの焼き餃子とエビ焼き餃子

  10sDSC05530



ここは注文があってから具を皮に包むスタイル。

地元野菜と石川県産豚肉を使用するこだわりもイイ



・・・時折、出来上がりが遅いとクレームをつける客がいるとか。。。

街の小さな中華屋に来ても文句を言う人がいるのか
たまには、静かにゆっくりと喰うのもイイのに。



モチモチ感たっぶりで美味しく


ごちそうさま



総湯に戻り、

ほくりくでは珍しく、飲める温泉

水素含有量が日本を越えて世界に自慢だと。

  11sDSC05533


老化防止、美白肌、疲労回復

毎日、飲みに来たい。。。



息子2号は、「風呂の湯の味がする」と敬遠ぎみ(笑

  12sDSC05535

それも分かる。。。





喰うものを喰ったら
即刻、
我家に帰りましょ。


彼女が待ってるかららら。。



孫1号と2階の部屋で水入らずで遊ぶ。

物色中

時々、
触って良いものかと、こちらに振り向きながら

  15sDSC05560

振り向くごとに、ニコニコ笑顔のじっちゃん♪





またまた、後方を確認して物色。
顔が引きつる笑顔でして
彼女も、コレダメかな~ってわかってる(笑

  17sDSC05562

よって
ばあちゃんの財布を出したところでストップ。



このあと
娘夫婦だと、危険とか汚いとかで取り上げられる

孫の手を見つけてご満悦♪

何が可笑しいのかケラケラ笑う。

  18sDSC05573

孫が孫の手で喜ぶ絵



「なんでも触っていいよ。それで何でもバンバンしてもイイよ」

1歳を越え喜怒哀楽がはっきりし始めました。
・・・たまに怒るし。。。







じっちゃんは、我家からすぐそこ

「加能八景」の一つに数えられる景勝地、
小松市の「荒俣峡」へも紅葉の偵察パトロールします。



忙しいとか、落ち着きが無い年寄り。

  19sDSC05544

この頃の紅葉は、まだもう一歩、本格的な赤に届かず。

往復、1時間で帰宅して。。。



孫と遊ぼ、に遊んでもらわなくては。。。。



今日は、紅葉の赤より

喰ってばかりと


赤い服の彼女と散歩が一番でしょ。


赤いダウンで秋の外散歩。


秋の金沢でWalking

紅葉がまだ里まで降りる前あたりのこと。

10月24日だったか。


・・・記憶が薄れているが、いつもの様に、
暇さえあれば、
街や野山をひたすら歩いています。


今日のテーマは、
『金沢城近辺の石垣』めぐりへどうぞ。

  01sDSC05490





その石垣の石川門

  03sDSC05484
  


  04sDSC05489


大小いろいろな石垣を解説を見ながらまわったが、
やはり、石垣だけでは、飽きてきて(ー_ー)!!


城周りをぐるっと歩き回り、まだ歩き足りないと、

武士の街から庶民の街へ外回も歩く。

  05sDSC05491





浅野川の主計町に架かる橋あたりです。

  06sDSC05496







上流に東茶屋街を望み眼鏡橋

  07sDSC05500





主計町は、若く繊細だった頃に一時住んだ町だった。


以前は、今ほど洗練されてなくて、
下町の風情で木造の古びたアパートもありました。

そんな鍵もろくすっぽ掛らない部屋で過ごした学生時代もあったな。



古民家がオシャレになり今の人混みも北陸新幹線効果なんでしょ。

  08sDSC05505





何度か訪れても
甘酸っくなる思い出の地(^_-)

  09sDSC05507







歩き足りなくて大外まわりして、
旧北国街道も歩く。

  10sDSC05510





最近、
金沢を歩くことが多くなってます(^^)/


徒歩約15km

野放しにすると1日中歩いているか。

もしくはバイクでどこかを走っている・・///

・・・徘徊老人(笑。。。



さてと。

ランチの時間とTELがあったので、

この辺で飼い主のところに戻ろう。


  11sDSC05512



歩む速度が一番好きかもしれない。


プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR