スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ!北陸へfrom東北&九州のバイカー達

宮城と熊本の真ん中あたりなら、

福井で集合!



って



そんな簡単に。。。
これが距離感欠乏の見本か。





まぁ、

ワタシも仙台まで日帰りの1200km走ったことあるけど。
キャンプでなかったし♪

そんな9月の三連休のしょっぱなの土曜日

ホンマに東北と九州から福井に集合しました。。。。



ワタシは、集合場所までが約100km

いつもの様にR364で峠を越え、福井・六呂師廻りで進む。

  01haDSC00338





R158で白山に向けて標高を上る。
家々が切れ始めると鳥居がある。

  02haDSC00340

福井と岐阜を結ぶ「美濃街道」といい、



昔は、「美林街道」として売り出していたっけ。

  03haDSC00342







豪雪で住むには、大変だと思うが、キレイな山村が見え隠れする。

  04haDSC00346





集合場所は、
れいの親子が歓迎してくれるところ「道の駅 九頭竜」

  05haDSC00348



えちぜん鉄道勝山永平寺線の終着駅でもある。

  055haDSC00375



久ぶりです。
息災にしてましたか。



挨拶もそぞろに



朝飯+ミーティングから始まる。
・・・誰か、キッチリ日程の説明をきいてた?<(_ _)> 

  06haDSC00350





で、




向かった先は、九頭竜湖の上流

なぜかカヌー体験だよ~♪

  07haDSC00352





ここまでバイクは、3機(宮城、石川、福井)に、

宮城から、車に人が4名(九州3・宮城1?)にトランポで2機

  08haDSC00354

・・・詰め込み過ぎでは。。。



バイクは、テールランプも外して詰め込み一晩走って来た様。

なんにも言えない(-_-)

それで、
バイク~ではなくてカヌー

  09haDSC00358



九頭竜湖で気持ち良く。



  10haDSC00368





一晩走って、


なんて元気な。。。



とおり越して、確実に変!です。




カヌーは、片づけてバイクにしましょ。



元気だよ。
どこか南国の原住民の子供達みたいだよ。

  11haDSC00372








一台は、外したフェンダーを付け、

  12haDSC00373





もう一台は、テールランプとナンバーの取付け

  13haDSC00374

何をしても、楽しそーです。

アハハハハ~



ワタシ、

この砂利で立ちゴケしました~

  14haDSC00370



6月が砂利で左側、

今回右で左右対称に小傷となった。

これでバランスも良くなったかな(笑





ここで、バイク5機+車1台にトランスホーマーして

大野市内のランチへ向かう。



大野でも合流、福井バイク2機追加、計7機+1台

 

皆で福井名物のおろし蕎麦を食う。

  15haDSC00378



やはり、地元の人がいると、サッサと美味しい店にたどり着けます。
老舗の店で、美味しく頂きました。





  16haDSC00381


ジュル、ジュル・ル~

  17haDSC00383



消化の時間をかねまして、大野で石畳の街を散策。



  18haDSC00387



昔ながらの北国街道で建物の防火壁『うだつ』に気がつく。



散策!





そう簡単にバイクしません。



別腹も満足させましょ。

  19haDSC00388

「いもきんつば」



ワタシは、一箱を土産にしました。

  20haDSC00390


やさしい甘さと香りで、ごちそうさまです。





あと、酒屋など2,3軒そぞろ歩きしまして、

彼ら、ズット喰ってましたw

この後は、遠方からの訪問者は「日本海に沈む夕日」を見たことが無い
とのことで、



東尋坊を目指した。



到着し、熊本から四国廻りで来た1機と合流。

計バイク8機

  21haDSC00391







かろうじて、雲の間から夕日が見えました。

  22haDSC00393



もう暗くなり、



皆さん
ここは、店じまいで食べ物出来ずに悔しがっていた様。

 ・・・海を見ながらソフトクリーム?だったか。。。





  23haDSC00395





ワイワイ、ガヤガヤ 夕暮れのアベックも肴にして笑う。

  24haDSC00396





あの~、7時です。
今日は三国キャンプ場でお泊まりなら

買い出しもあるでしょう・・・



そろそろ出発は?

ワイワイ、ガヤガヤ、ガハハハハ・・・



  25haDSC00397

とうとう、真っ暗になりました。



ワタシは、帰宅です。

こんな方々とこれ以上一緒にいると倒れてしまうし。



ホラ、



  26haDSC00399


雨も降ってきたぁぁぁぁ。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





7時40分帰宅、距離253km

カヌー時間が一番長く、次に、喰ってる時間、
そして走行時間の順番


九州バイカーからのお土産

  27haDSC00403
 

ありがとうデス。



やっぱり、熊本から走ってきたんやな。。。







改めて、

一昨年に
こんな元気のある方々と一緒に宮城で仕事ができ
感謝です。





失礼ながら、
頭で考えるより、行動するタイプが集まったか!(^^)!




あと2機、宮崎と宮城から福井・三国キャンプ場を目指さして
走行中のこと。

下道でゆっくり走っているそーな。

・・・・



その2機とも合流して、

二日目も福井。。。



急きょ、ワタシの予定を変更して、二日目も合流しましょ。



まだまだ、元気が必要で



そしてバイカーだから。


スポンサーサイト

あ!イノシシとにらみあい(☆☆)!!

加賀市山中温泉大土町へ



この集落は、もう住んでいる人がおりません。

  01niDSC00306


昔は、炭焼きを主産業に、緑豊かな山を守って生活していたそうです。

耕作放置の田畑がいたるところに見られ、いわゆる「限界集落」です。

携帯電話も通じません。

な~んにもない静かな山村です。

「百笑の郷」として、なんとか維持されています。



コンセプトは、
豊かな自然の中で百の笑顔があふれるような村にしたい─。
ゆっくりと時間の流れる農山村にしたい─。
こんな気持ちを込めて「百笑の郷」とのこと。

  02niDSC00293





住人が居なくても神社も綺麗してあります。

  022niDSC00299

ときおり、ここまで自転車で来て、キャンプする人がいるそうです。

熊には十分注意してほしいものです。



近くの『神人の滝』(じんにんのたき)を眺めて、

  03niDSC00317

帰り道







道端で、
イノシシに出会いました。

  04niDSC00319


にらまれています。。。。。

よくよく見ると、ひょうきんな顔をしてますな。


多分、
近くにいるウリボウが山に登るまで見張っていると思われる。



20秒後には、きびすを返して行きました。

イノシシの被害を見にいきまして、イノシシに出会う。

無人の集落は、イノシシの住みかとなってしまっている様。







夕方には、雲が切れ初め好天が見込まれます。

  05niDSC00323










翌朝

9月13日、3連休の始まりの朝、

珍しく朝早くから出動です。っと言っても8時ですけど(-_-メ)

  07niDSC00332





ハイオクで満タンにして



  06niDSC00333


出動しましょ。





ほんの一つの共通点で東北と九州と北陸のコラボ

北と南、その真ん中が福井なので、福井に集合だそーです。
適当にしては、距離がありスギと思うのだけど、

ワタシは、近くだからイイけど・・・・

  08niDSC00432


まぁ、元気があると言いますか・・・

それも、福井・三国でキャンプとのこと、



バイカーって、やっぱり変!です。、、、キッパリ言いきれます(笑



おいおい、その変!を紹介しなくては。。


ではでは、

福井・永平寺~一乗谷朝倉氏庭園の名勝へ

9月7日(日)
前日は夕方から雨が強かった。

打って変り
翌日は、
朝から素晴らしいバイク日和になりました。

  10aoDSC00213
  < 福井・一乗朝倉庭園にて >







ほくりくの特別名勝は、

富山『黒部渓谷』、石川『兼六園』が有名。



ところが、
お隣の福井の『一乗朝倉庭園』が特別名勝とは知らなかった。

・・つい最近に知りました。

調べると平成3年に指定されたとのこと。

・・あの野原と思って居たところも、発掘と整備が進み特別名勝になった様だ。

行こうか。







標高300m程度の峠を2つ越えるルート
少々カーブも織り交ぜてタイヤの皮むきにちょうど良さそうな。



観光気分で特別名勝へ出かけましょ。



  01aoDSC00125



やはりこんな青い空の日は、バイクでしょ。



トコトコと進む。



いつものR364から山中温泉を通り、







福井、ウン十年ぶり永平寺に寄ってみた。
心を洗うため・・・か?

  02aoDSC00136
  

橋を渡たった先には、トイレです。

  03aoDSC00137

ここは日本一、刹那が漂う雰囲気で静寂な場所と思う。

ここで用を足すだけで、一見の価値があるカモ。







      04naoDSC00149






車は500円の駐車料金を取られますが、
バイクは、山門の前に無料で横付けできる。


『バイクピットの永平寺』って感じ(*^_^*)



拝観料が付きまとう建物の中に入らずに境内を散歩。

  kuttuki1aoDSC00163.jpg

朝露か、昨夜の雨か、濡れた苔の庭園や滝を眺めながら散歩。
マイナスイオンがいっぱいだ。








  kuttuki2aoDSC00166.jpg


『ご自由に』という鐘を発見した。



・・無料か(*^_^*)キラリ







ここぞと、
大きく振りかぶり渾身の力を込めて突く!

  05aoDSC00171


三方を山々で囲まれた谷に鐘の音が共振しながら鳴り響く。





ゴォ゙~~ンン~~ンンン~~






久しぶりに突きました。。。。

 ・・・ナンノハナシヤネン。。








気ままなバイク人ですが、
 それなりにありまして。。。。

鐘の音と共にストレスらしきモノも飛んで小さくなります。







  06aoDSC00181


もみじが紅葉する秋に来れば、もっとすばらしいでしょう。







まだまだ、
古刹に身を任せて老ける訳にはイカンし、

煩悩を解放させるためにも
もう少しバイクを倒して皮むきを完成させましょ。



足羽川を越えて

  07aoDSC00184





目的の『一乗谷朝倉氏遺跡』に到着

戦国大名朝倉氏、のちのち織田信長に滅ぼされました。





復元した城下町を見学
ここまで、

土塁の上に復元された塀

  08aoDSC00198







その当時の生活風景も復元されています。

  kuttuki3aoDSC00194.jpg



料金も払ったし、じっくり見学しましょ。





サッサと







お茶を頂くことにした(o|o)

お茶に合うとなると団子でも、となります。

  09aoDSC00209

香ばしく焼き上り、当然に美味しく頂きましたw



 

団子も喰って満足したのですが、ここで半日以上過ぎそうです。

・・ここの勉強は、もう少し秋が深まったら

・・・また、団子を食いながら散策することにした。。。


 11aoDSC00217

ただ、花より遺跡より団子は確実にまっとうしたよ。








次の、
この先に足を運びましょ。

ここまでに峠を二つ越えたのでバビューンで!


到着『佐々木小次郎』さんの修行地で、ここで『ツバメ返し』を生み出したのこと。

  12aoDSC00224

伝説か歴史なのかはっきりしませんが、

スポンサーが居たのだろか
涼しくて夏は修行の場としてはやる気が出たかもしれん。



現実的な夢の無い感想。



   13naoDSC00227





そんなことよりランチの時間です。

今日は、天候も良く観光客が沢山押しかけているので

11時30分前には予定のランチ場所へいかなくては!



ところが、





地図とか、店の名前のメモとか全て忘れてきた。。。。


予定の店の名前さえ忘れて。。
・・検索ができない。。。



他人に聞くにも、
「ワタシ、どこのお店にいくのですか?」

と、

さすがに聞けん。


ウルウル覚えと直感を頼りに進んだ。
見えたら思い出すでしょ。







どうも、
方向と谷の両方を間違って(汗

・・途中、間違ったと思いましたが。

・・・やけくそに舗装があるところまで進むと。。。







たどり着いたのは

  14aoDSC00234

水が湧き出る『桃源清水』







では、一杯。

  15aoDSC00236


口当たりが柔らかくなんて美味しい水でしょ~。



そんなことより、


現在地が不明。。。。





気分を落ち着かせて、スマホで地図を見ることに。

電波がありません。
受信不可能





水を汲みに来た人に、精一杯の造り笑顔で聞きました。

「民家風の蕎麦屋で、名前も分からないのですが・・・」

「た・し・か、この辺では、無い所に行きたい」


人様に道を聞くのに、
とんでもなくヒント&クイズになってるし。。。


ふと、
  
一筋の光が射す。
良い方に会えました。






丁寧に道を教えていただきました。

それに、店の名前まで教えてもらった。


珍しく素直に『ありがとうございます』



来た道を半分以上戻れば、たどり着くことが判明しました。







『そば玄』に到着。

結局に予定より1時間のロス。

  16aoDSC00240



お客は福井ナンバーの車で満杯。





  17aoDSC00260







40年前の我が家にタイムスリップして帰った様。

  18aoDSC00247





オーダーは、福井なんとか1050円

・・・これも忘れた<(_ _)>


福井名物『ソースかつ』

  19aoDSC00251







名物『おろし蕎麦』のセットです。

  20aoDSC00252



こだわりの九割蕎麦かな。



古民家風では、こだわりスギで落ち着けないところも
ありますが



ここは、十分にゆっくりできます。

素直に『ごちそうさまでした』
ここ、
どちらかと言うと親切な町の食堂って感じの雰囲気と風味で、
その中にキリッと引き締まったこだわりの美味さ。



庭には、放し飼いのニワトリが散歩してます。

  21aoDSC00258



この風景は、鼻を垂れてた 幼少 クソガキの頃、我家の40年前の風景です。







帰りも
朝倉遺跡に関連する『西山光照寺跡』の石仏群へ寄り道しながら

  22aoDSC00266





田んぼの真ん中で、

石仏はそれぞれポーズも様相も異り、面白く拝見。

  23aoDSC00263






帰りは、一気に走る。



行き5時間+帰り1時間=約6時間

走行160kmぐらい。





迷って行ったところの水が旨かった。

団子も、蕎麦も、ソースかつも美味しい。

いちおう
寄り道して、資料館とかで戦国時代からの移り変わりを感じながら、

適当にタイヤの皮むき散歩(ー_ー)!!




日本海を眺めて能登イカ丼喰うツー

8月最後の日のこと、

ふと思い出す。。。、

夏休みの終わりに、子供たちの宿題で、
バイクするどころではなかったな~(^_^♪)。o○



もう、
宿題なんて気にしなくてもイイので、



『自分の気になる』を解決しましょ。





すぐに到着
北陸道『尼御前上り下りSA』 

  01ikDSC00068



『夏満喫フェスタ』の最後の日

  02ikDSC00073







日本海が見える窓辺でランチをしましょ。

  03ikDSC00077







日本海は、橋立漁港を眺めながら

念願の

『イカ刺しとろろ丼』880円

ど~~ンと

  04ikDSC00069





それにイカは、能登の小木漁港産

  05ikDSC00074



8月31日までの限定品、

に、


どうにかフェスタの最終日にまにあったよ~。



それは、
石川は、全国でも有数のイカ漁獲量の産地です。

  09ikatoretaka



しかし、
石川でなかなかイカ丼を見かけたことがありませんでした。

  06ikDSC00072



繊細に美味~

8月の夏に満喫しました。





ホンマは。。。。

我家から近すぎて行きそびれていただけ。

  07ikDSC00079


一般道で尼御前SAの裏に駐車して入場でした。


我家から6分ツー


なんですけど、


『日本海を眺めて能登イカ丼喰うツー』



大そうな題名にしてます(ω)┣¨キ┣¨キ*

・・・ご近所廻りツーやろ。。。



喰うものを喰って消化の時間で休憩。

ここ尼御前岬のチョイと悲しい物語も涼しげに見えます。

その主人公

  08ikDSC00080


徒歩で岬に進む

  10ikDSC00087



で、


あっさり帰りました。


・走行距離、ほんの少しKm。。

・走行時間、微々たる12分。。。




『尼御前SA』で確認したところ、

9月からは、
『能登イカ刺しと明太子丼』と少々趣向を変えて
能登イカ丼は継続するそ~です。

*下りのみです注意



限定と言いながら、名前を変えて継続か~

近くでよかったw

これが遠くで、限定日ぎりぎりに慌てて行って、

『明日もありますよ~~~』なんて知ったら・・・

あほらしくて気が狂ったカモ





気になる、あと、

薄手のグローブは、穴が開いたのでボンドで当て布しました。

  11ikDSC00115


・・・貧乏くさい(笑
 ・・・運転中は、誰にも分からんし。。
  ・・・ジャンケンは、パーを出さなければ、バレン。。


解決し満足?





タイヤは、念願の1年持ちませんで。。。
サッサと交換

  12ikDSC00121

で、
本当に貧乏になったので引きこもっています(笑

イエイエ、
何時もタイヤは、大人の早めの交換に心がけている。

タイヤが新しくなると気分がイイな。




気になった
イカ丼より。。穴の開いたグローブより。。溝の無いタイヤより。。



『なぞのライダーsyouko』って

こちらが気になる。

誰だろうか

  shoko11.jpg


まだまだ、

煩悩を拭い去ることができません。





素敵な大人は、遊び上手ならなくては『やまびこロードへ』

家のまわりでリンリン・コロ・コロとコウロギが
やかましく鳴きはじめました。

  01yaDSC00093.jpg





そんな秋も感じながら、





8月30日(土)おおむね晴れ

前日の天気予報では、微妙な予報で
白山方面とか山辺は、無理かと思っていた。


朝、

「あれ、出撃しないの?」

と、背中越しに
洗濯ものを干す彼女から声がかかる。。



空を見上げなが、「そーかな」

いちおうパソコンで雲のチェック。



どうも。。。
雲をかいくぐりイケそうか。

下道オンリーで、
適当に500kmのコースを設定しました。



散歩に出かけましょ♪



合羽も持たずに雨が落ちてきたら、すぐに帰ろう。



R364から

  02yaDSC00001







しっとりと湯けむりの山中温泉経由

  03yaDSC00002







峠から福井に貫け

  04yaDSC00003.jpg







R416で鮎街道を遡上する。

九頭竜川は、沢山の釣り人です。

  05yaDSC00014.jpg





岸から見ても、鮎が釣れているのがわかりました。

  06yaDSC00013.jpg


・旨そう。。。ジュルジュルと垂れる。

 ・・朝からバブロフのワンコ状態になった。。

  ・・・やはりバイクといい、条件反射で生きるんカモ。。。







R157で福井の恐竜海道?

  07yaDSC00015.jpg







一旦、

六呂師高原へ

  08yaDSC00020.jpg





牛に挨拶し、

  09yaDSC00023.jpg







やはり始まりましったか。

牛たちが集まって来て「押すなよ~」です(笑

  10yaDSC00027.jpg



牛は、何にでも興味を持ちます。

・・・この年寄より牧草色のバイクに興味深々の様です!(^^)!

 ・・・このライムグリーンは、食べれんよ(笑







天を見上げる。

・・今日は、朝から何回も空を眺めっぱなし。。

六呂師高原に寄ったのは、天候が怪しいので、
引き返すか検討の為でした。


まだ先に進もうか。。


この辺で3万年前に噴火によって出来た岩が
転げてきた岩。

アチラコチラにあります。

  11yaDSC00030.jpg



伏石(ぶくいし)と地元では言うことです。





それより


また、天を見上げる。

  12yaDSC00033.jpg


やはり、
思った以上に雲が流れてきました。



ただ、
雲り空がなおさら涼しくて気持ち良く、気温23℃



涼しいので単純に嬉しく、適当に先に進みましょ。


R158から

岐阜に
久しぶりに白鳥ループ橋を渡る。

  13yaDSC00039.jpg


実は、高所恐怖症でこのループ橋を昨年は避けていました。

旧道の油坂のヘヤピンより、ループ橋が怖くてたまりません。

もう

ループ橋の前で、既に体はガチガチですw


  ・・この程度の高所で、ドナイしよう(*_*)






ウン十年ぶりの

<目的地No,1>

『やまびこロード』に入りました。

  14yaDSC00043.jpg




十分にクネクネを堪能し




東海北陸道のひるがの高原SAへ

  15yaDSC00045.jpg


気温22℃

ブラボーな気温!



だが、
空を見上げて

標高を上げるほど、西の空に雨雲はすぐそこです。

  16yaDSC00044.jpg



帰るにしても、もう随分遠くに来てしまいました。
腹ごしらえしましょ。

ここで、『鶏ちゃん定食』のランチ

岐阜の名物だけど、

某道の駅の鶏ちゃん定食が、それなりの味でして、
名物に旨いモノ無しかと思ったりしていた。


ただ、
喰う事に関しては、思いっきりクドクいタイプでして
ここは期待できそうなので、リベンジしましょ。


  17yaDSC00049.jpg


グフフフフ(^'^) 

リベンジ成功。




  18yaDSC00052.jpg


鶏ちゃんってビロビロに旨いんだw

グルグルと目を丸くして頂きました。

納得の千円



で、



高原は、涼しくて

  19yaDSC00053.jpg


お腹も膨れましてまして





気持ちイイ~イ・イ・っイス!





では、では『せせらぎ街道』へ向かおう。


R156~R158と渡りまして

この間は、彼の後方でのんびり??。

  20yaDSC00058.jpg
 


三桁近くのスピード、、、

・・・その~、その三桁は、あくまでもたとえデス。



そのスピードでカーブでも、彼は大きく対向バイクに手を振ります。

後続のワタシも必然的に手を振る。。



上半身の力が抜けていきました。

楽しく、対向車線のバイクの方へ約50名と手を振りましたw。

応えてくれたのは、8割程度かな。





そうこうしてると、

『せせらぎ街道』の手前の『なかもり』 『ななもり』 に到着しました。


ここで、いつも白馬車の出動状況や野外サイン会のチェック。

  21yaDSC00059.jpg


同じ車種のかたとお話し。

サイン会よりもせせらぎ街道は、

悲しくも、先々週のゲリラ豪雨の被害で至る所で工事



路面が側溝状態の水浸しのところもあるそ~です。





空を見上げれば、

ポツポツと雨粒が落ちてきそうです。

  22yaDSC00060.jpg





そんじゃ、

トットと引き返しましょ。

雨に追いかけられながら、元来た道で帰ります。

以前でしたら、
走ることが『修行』と言う名になってでも突き進みましたが、

いとも簡単に撤収です。



雨粒から逃げて、
庄川 荘川でぽっちと蕎麦屋の前で記念撮影しまして

  23yaDSC00054.jpg



ここも雨が近づいて

とっと逃げる様に帰宅しました(^'^)

下道走行403km

  24yaDSC00064.jpg



歳とともに雨からは、逃げの一手です。



雨には、500粒ほど当たりましたが

帰宅前には、乾燥済み



また、



秋の知らせは、味覚から

いしかわ産の梨も食べごろ、すこぶる美味しい季節です。

ガブリ

  25yaDSC00066.jpg

   <加賀市小塩辻町産>




今年の夏に作った肥え宿題。


秋に宿題を済ませるのは、


無理でしょナ。。。。。。。。。。。。。

プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。