北陸に春の足音@越前


少しづつ春めいて来たような頃。
仕事場でカミサンから支給される弁当を広げると、

アンパンマン現る(^_^;)

  01dsDSC04326

春がきたのか。
とか
子供帰りの歳になったか。  。。。

・・・喰う方も笑いながら喰らいましたけど。





そんな週末には、たっぷりWalking

家から一歩出ると周囲が田んぼ。

先週に小白鳥もカモも帰ってしまい田んぼ道も
ちょうど淋しい時期。

Walkingをもう少し遠出し偵察してみる。

  02dsDSC_0035



あらあら
北陸の河津桜が開花し始めたようです。

  03dsDSC_0036
 


10kmほど歩けば、汗ばむ陽気の日になりました。


ワタシのバイク走行気温の分岐点は11℃

この日の昼前に、そろそろ12℃相成ったころを見計らい

車庫冬眠から目覚めましょ。

  04dsDSC04327





目指すは、
とりあえず県外に出ればツーリング気分になれるとのことで、

ホイホイと福井の
「ヨーロッパ軒 丸岡店」へ

・・・県外だけど、我家から30km少々ですけど(^_^;)

    05dsDSC04330





御一人様でもヤカンにお茶がどっさり入っている。

  06dsDSC04331





ミックス丼のご飯小盛りにしましたw

  07dsDSC04332


いつものとおり
おいしくソース味ご飯でした(笑


ごちそうさま。







ここから九頭竜川沿いを下る。

  08dsDSC04337



道の駅「みくに」到着

おいしく、
たらふく飲んだお茶が速攻で刺激し休憩へ(^_^;)

  09dsDSC04339


ここで、

石川ナンバーのkawasaki3台並ぶとは、





日があるうちに帰路へ

せっかく越前海岸なので撮影。

数日前には荒れ狂う日本海が嘘の様にベタなぎ

ステキな藍

  10dsDSC04343





いちお自撮り、

すでにクシャミ多発のブルーなところを

セピアにして表わす(ー_ー)!!

  11dsDSC04345


春。。

今年も辛いスギ花粉に反応し始めたました。


クシャミでヘルメットの中は。。。濃厚。。。


春の足音が聞こえたょ。
スポンサーサイト

秋晴れに越前海岸

我家近くでハレーの集まりがあり、
なんだかんだで娘が受付の手伝をするという。

よって
ジジとババは、孫の見守り隊で1日を過ごした日(#^.^#)





夕方には、
我家からも『ド、ド、ド』と3拍子のエンジン音が聞こえてくる。





バイクならメーカー、車種を問わず好きなので、
定例の散歩コースから会場を覗いてみる。

  01haDSC03454.jpg

関東を中心に全国から集まっているとのこと。



サポートもしっかりしてました。

  02haDSC03447.jpg


高級な値段のハーレーの集まり
200台ぐらいでしょうか。





カスタムは、ピカピカ系が多い。

  03haDSC03453.jpg
  

駐車場は、ガードマンが一晩中、警備すとのことでした。


やはり、
あるところにはあるのだなと思う車群でした(^_^;)

   。。。。。。






10月2日(日)

翌日の早朝から3拍子の排気音に触発されつつ

予報を裏切る好天気もあり
所用をサッサと済まし散歩することに。

全く乗る用意が無いときは、
越前海岸などへ


何度も走るコースなので
寄道には、マニアックなところ(^_^;)





とりあえず
『丸岡藩砲台跡公園』

  06DSC03463.jpg

砲台跡

  07haDSC03469.jpg





もう少し先に進み

『弁慶の洗濯岩』

  09haDSC03477.jpg

弁慶さんは、うわさに聞くばか力だから、

洗濯物がボロボロになったでしょ(^_^)/







ランチ予定場所は、臨時休業と知り

越前漁港「こおのぎ」でコンビニおにぎりランチにしましょ。

  11haDSC03486.jpg





雨の予報日に晴れわたり、海を見ながら外で食べると格別に美味い。

  12haDSC03490.jpg





漁協で
カモメは、そ~~と近づいてきます。

  13haDSC03488.jpg

カラスやトンビと違い、遠慮感いっぱいで愛嬌があり。







その後、
海岸線から一旦、R8号で山を越え、

再度K19号で海岸に戻るコースをチョイス。

  14haDSC03495.jpg



K19号は、二度目の走行で、
途中、初めてのR206号に折れようか迷い一旦停止。



この交差点で、振り向けば





  15haDSC03494.jpg

どんなに広いところでも2台が寄り添って駐車する姿で

間違いなく。。。

土花吉ご夫婦と分かる(^^)/



マニアックな場所ですれ違うこともなく遭遇!



この目と鼻先の「勝蓮花の滝」を勧められる。

R206号を走りたいとも思いながら
滝ハンターの土花吉ご夫婦に従い滝へ

  16haDSC03497.jpg




見えた瞬間になるほど

  17haDSC03499.jpg



落差はそれほどでもないにしろ、
まぁーるく柔らかで可憐な滝でした。

ホ!





この日はホドホドの走り納めて
5年目の車検へ

走行45000kmで、チェーン廻り、バッテリー交換etc。。

ついでにタイヤ交換も進められましたが。。

諸事情で(^_^;)
今シーズンは、このタイヤでゆっくり走ります。

・・・タイヤを変えると長距離したくなるんだな・・・


我家から一歩進めば、魅惑の
ベタなぎの越前海岸と思わず滝に出会えて(^^)/


福井の池田町あたりウロウロ

7月の3連休の初日に晴れ間が覗きました。

気温に合わせて北陸特有の湿度もうなぎ上りするかなと思う日。


すっかり冷房に慣れた軟弱だが、晴れ間ですからと
とりあえづ出てみる。

  01itiDSC02474


我家の近くの田んぼの稲は、
小さな小さな白い花が咲きだした頃でした。



その稲と加賀の鞍掛山をバックに撮影し

  02itiDSC02475





ここで頭の中で適当にコースを設定して再度出発!

涼しくて、のんびりできそうな
福井の池田町かいわいをウロウロしましょ。

  02ikeda







山中温泉から県境を越えて、永平寺前からもう一つ峠を越えて
九頭竜川の支流の足羽川で釣り人を眺める。

  03itiDSC02479


長い竿を巧みに操り・・・随分と高そうな竿。。

確かあの竿は、
鮎釣りに不要な振動を抑えた竿という、うたい文句の高級品。

  04itiDSC02481


ポツポツと鮎が釣れておりました。



走り初めてまだ50km程度のここで

あの鮎を喰いたいと思いながら、
じ~っと釣り人と竿を眺めていました。

  05itiDSC02482


山手の川筋は、なんとも爽やかに涼しい。



少しづつ気温が上昇してきたので先に進みましょ。



龍双ケ滝へ

  05itiDSC02490





昨日までの降雨を伴って見事な流れをみせておりました。

  06itiDSC02493


60m落差の滝百選の一つ
マイナスイオンが充満してます。

  07itiDSC02501

あと、

滝壺の伝説の龍を探すも。。

素人カメラマンも大勢おりまして、
これだけ人がいれば、龍はもうどこかにどこかに隠れてしまった様。



充満した豊満なマイナスイオンを浴びまして納得。



ここから目と鼻の先の

『こってコテいけだ』へ水分補給へ
ここは、「道の駅」と思ってましたが「まちの駅」なんですね。

・・・交通量が少ないからか道の駅まで誘致できなかった?。。。

日陰でゆったりレモンかき氷を食べ

  08itiDSC02514



焼き鳥を喰って小腹を満たします。

微妙なオッサン組み合わせ食で至福のとき(^^)/

  09itiDSC02515





帰路にもう一つ、
バイクで行ける滝に向かうょ。


剣豪 佐々木小次郎伝説の「一乗滝」

  10itiDSC02516

ここで、「ツバメ返し」が生まれたのか?

ホンマは、長い棒でアユ釣りでは?
昔は、この程度の長さの竿でも沢山、釣れたカモ。



失礼な発想しか浮かばない<(_ _)>



  11itiDSC02519


小さな子供たちは、無邪気に楽しそーです。

・・・・


この子たちを眺めていると
とっと帰りたくなり、

帰宅、走行130km弱





そしてサッサと向かう先は、
。。。。

孫のところへ

ジジとババは、ニコニコと手をつなぎお散歩。

  12iti7602523


このころは、
両手をつないで歩くだけでも楽しいようです♪



金沢の住宅街にある「風」で食事へ


  13itiDSC02533





鮎が頭から離れなくて、無性に魚が喰いたくてオーダー

孫と一緒ななら何を喰っても旨い。

  14DSC02530


その孫は、ときおり、
どうでも良い時に
「ジジ、ジジ~」と歌っていますが(^_^;)



ところで

今年も暑くなりそうです。


滝の近くにいる間は、それは涼しくて気持ち良くイイのだけれど

バイクでは下るほどに、
少しづつフレームが焼けだして暑さに、熱さを感じた日


いちお「初夏の一乗山一周」ってところで(^_^;)

走行130弱。。。

kawasaki Meeting @福井タカスサーキット

その、
「つまらないモノ?につまらない閲覧パスワードをかけるな」

と直球の叱咤激励?をありがたく頂き

スゴスゴとここのパスワードを外しましたと。






この間の休日といえば

孫とデート♪だったり

  01fDSC02332

撮影するジジよりピカチューの係員が気になる孫ッチ
とか





2スト機で
河北潟干拓地で草刈をしたり

  02fDSC02357

ここの35万本のヒマワリの開花は、7月末頃かな。







プイと、飛行機で東京さ とか

  03fDSC02361







プチプチとバイクで道の駅「瀬女」とか

  04fDSC02364

最近は、
爆音バイクが・・それも群れているときは、

裏側に停めて静かに一服ですよ(^_^;)





日々ランダムながらの行動にしても

”まっとうな”日々を過ごしておりました。







では、では、




北陸が
梅雨の晴れ間になった7月10日(日)

  05fDSC02411



今年は、ご近所で「カワサキ コーヒーミーティング」開催されました。

凪る越前海岸を右手に走る。

  06fDSC02374



会場が近すぎて、あまりにも早く到着しそうで
東尋坊の手前で休息。

波打ち際近くに、3台の一輪車が整然と縦列駐車

  07fDSC02377



福井、越前海岸の「あまちゃん」たちの桶を乗せる一輪車でした。

  09fDSC02380

結構に、沖に出て漁中と知る。



一服後、
先へ進もう。





タカスサーキットに到着

  10fDSC02405



9Rクラブの登り旗を立てた横に駐車。
・・・その登り旗は、宮城ナンバーの面白い方でした。

はるか彼方から700kmの道のりで、ここを目的地として来たんだ。

  11fDSC02408





ウロウロしながらカワサキバイクの見学会でもしましょ。

黒色なのに銀光するH2

  12fDSC02396





公道では特有の運転テクニックが必要と思う隼

  13fDSC02404


  


チョい知る
syuheiの気合が入るバイクも登場させよょ。

  14fDSC02403



その後知る。
syuheiは、会場の歳少年で壇上に上がる。

  15fDSC02410





お・お・(@_@;)



まさしくnamaの3分の一年齢ですがな(^_^;)

しっかりした言葉使い&しっかりとした受け答えですから、
もう少し上の年齢と思ってましたが。。。

人懐っこい笑顔が相まって孫の様にカワイイ(^^)/



そのグループがZ1000sxなどNinjaを

「Kawasaki忍者」と呼ばせたくないようです(笑

  16fDSC02395





そのコアなGPZ900Rが京都からも現れた。

先日の同道にて疾走のお礼を兼ねて
小さいけど、走りは大きなSizuさんに挨拶。

  18fDSC02399

改めて眺め、
Sizuさんは、乗るバイクと同じ高さだょ。







会場では、軽快な司会者の言葉で進行中

  19fDSC02401

・・・軽快な司会者の方は、画面から外しましたけど。。。





ところで

チョロさんグループは、ガンとして
日陰のテントから離れることなく陣取っておりました(笑

  20fDSC02409

あと、
ずっと絶えることがない、永遠に続く可と思える
おしゃべりタイムでした・・・失礼。。





恒例のジャンケンタイムを何年かブリに参加して、
成果ゼロ(ー_ー)!!



ここ三国名産のラッキョ畑の間を走り帰路へ

  21fDSC02415



会場の気温もメキメキと上昇たし。

会場から一番に近くて、冷たい美味しい蕎麦でも・・・



三国町の「どうぐや」へ

  22fDSC02416


まさかの休店中(ー_ー)!!



暑さと空腹で

”くじけそう”でしたが、

喰うこと関してには、クルクルと頭が回転します。



ならば、
200m先の工場兼、食堂の「谷川製麺所」で手打ちうどんだ。

とりあえず日陰の店先で

海風を楽しみながら、恒例にと一服

  23fDSC02423





元気がでそうな「豚キムチうどん」とした。

  24fDSC02422


見た目よりアッサリに手打ちうどんですから
コシがあって、ツルツルと

おいしく、
ごちそうさまでした。


小さな路地にかまえるお店で
ご近所さんが集まるうどん屋さんでした~。





さらに気温が上昇する中、

直球で我家にへ

本日走行、約100km弱



外は、まだ明るいけど。
豚キムチ食べたら無性に飲みたくなったので。。

  25fDSC02425



バイク日なのに久しぶりにゆっくり過せた日


AMにご近所、カワサキミーティング。

PMは、アルコールに浸りジジィの体の休憩とした日のこと。


福井@今庄の太い蕎麦へ


5月21日(土)のこと

R305越前海岸へ走り出し、
奇岩やエッジの効いた海岸線を眺めながら
一挙に山手に向けるホノケ山トンネルを駆けて、



ホイホイとR365から今庄「そばの里」に到着。
ここで
ちょうど店先に北陸線のサンダーバードが通りかかる山間。

  01sDSC02071






ホンマの正直のところは・・・
22日の今庄の蕎麦祭りの日を間違えて
21日に行ってしまマッタ日のこと(^_^;)


今庄まで来て開催日を間違えたことを知り、
唖然としなが会場手前でUターンしてきましたw



適当ですから修正して。。
ホイホイとここに入店の経緯でした(#^.^#)


この頃、
福井県のいたる所で、土曜日から春の蕎麦祭りが開催され

今庄もテッキリ、
先入観で土曜日からだと来てしまった。。。

事前の適当な@調査だw

  02sDSC02072



ちょうど、
一個師団のお昼のお客が帰ったあと

一人で貸切状態な店内へ。

  03sDSC02074





福井ですから、おろし蕎麦をオーダーしました。

  04sDSC02078

今庄の太くて短い田舎蕎麦を伝承しているとのこと。



初めての来店と告げると
サービスで湯蕎麦を持って来ました。

  05sDSC02080

なるほど、
蕎麦自体の味に自信の表れ(^^)/



シンプルに蕎麦の香りを楽しめて

おいしいよ。

太いのだけどツルツルと喰える。

  06sDSC02082





開催日を間違えたけどステキな蕎麦に出会えて


ごちそうさま。



・・・ちなみに、
この店は翌日の今庄蕎麦祭りには出店しないとのこと。。

・・・沢山のお客対応に
質が落ちる事を避けるためだそーですw

お喋りが大好きそうなおかみさんでした(^'^)





では、

またマニアックなコースへ突入しましょ(^_^;)。。


この店前から目と鼻の先にある「旧北陸鉄道トンネル」へ

自分でも
相当にマニアックなコースを選んでいると思うw

  07sDSC02083

旧鉄道敷きが市道になって
信号機による一方通行トンネルの道(^^)/





怖い物見たさもある。。。



昨年の春に通った近代化産業遺産
今は県道の「柳ケ瀬隧道」http://snamas.blog.fc2.com/blog-entry-214.html



このスポットに瓜二つの兄弟トンネルだw

  08sDSC02085


ここは、
「柳ケ瀬隧道」の様な
なんとも言えない息づかいや気配が無くて大丈夫でした。

ホ。


トンネルが短かくレンガ造りが

程よくマフラー音をホルンの様に心地よく響かせました。


  09sDSC02086






トンネルを抜けると今庄宿、

古くから幾重にも重なる南条山地は北国街道・北陸道の難所で、
山中峠、木の芽峠、栃ノ木峠、湯尾峠のいずれかの山越えの道を選んで今庄に至り、
京または江戸へ行き来する人々の宿場町とのこと。



このあたりの旧北陸道も散歩したくて事前の偵察です。



まっピンクの耕運機テーラーと花壇を眺めたりしながら

この位置を中部北陸自然道の案内看板で確認。

  10sDSC02091

丘程度の山歩きなら1日に20km程度として
ランドマークを含めて、今庄で山々の位置関係の確認ができました。





谷を挟んで向かい側の

「たくら街道」あたりも偵察したり(^^)/

  11sDSC02097





この頃、
刈り取りが始まろうかという大麦に
谷を貫ける風に波打つ。

  11sDSC02096





蕎麦&ウォーキング場所の偵察も蕎麦祭りの日を間違えながら終了。


帰路も越前海岸に戻り

エッジの効いた海岸線を眺めながら走る。

ここで海岸で唯一に白い岩のところ。

  12sDSC02104


ちょと調べれば、

「鳥糞岩」といい、カモメの白いウン○で着色されただけのこと(ー_ー)!!

・・もう少し夢のある物語があれば。

・・・これも、自然の営みの中での風景でしょ。

  13sDSC02108





ではでは、

秋には、
今庄あたりで新蕎麦でも喰って
トレッキングしようょ(^^)/

やたら
熊出没に注意の看板だらけのところばかりでしたが。



バイクならではの爽やかな風を楽しみました。


プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR