カワサキワールド@神戸


冬型がやんわりゆるんだ北陸の休日

早朝のWalking のあと

バイクでもと路面がドライなるのを待っている間に、

あまりにも柔らかな陽射しを受けて、

適当に県境の峠も緩んだろうからとバイクから車に気移りにした日のこと。






ナビをセットし、ナビの案内するままに神戸へ



・・道中に北陸から3℃の峠を越えるバイクを数台見ながら。。

何も考えずナビが導くどおり走れば神戸へ

  01kDSC04248





カミサン「バイクの方はサッサと見るだけですょ」
に到着

  02kDSC04290





瀬戸内は、北陸よりことさらに空が高く温かい。

  03kDSC04251



カワサキワールドに入館する。



さっそく、
ニンジャH2のマークに対面し

・・・カワサキ信者の集会へ。。。

  04kDSC04257


このマークは『川崎』の ”川”を表していると、ここに来て知る。


いつか、

このマークをバイクに付けた方に出会ったら
「カッコイイ川」ですねと挨拶するか(#^.^#)


先に進み


全部脱いだninjaH2Rをローアングルから舐めるように覗く。

  05kDSC04259


セクシーな鉄馬に惚れる。





そろぞ歩きも軽やかに楽く。

  06ktop_img008



昨年の秋にリニューアルし増えた
サーキットを模擬走行できるライディングシミュレータ走行

  07kDSC04275


空いていましたが、
注目の的が恥ずかしくて参加しませんでした。



その。。、
ハングオンしても、しなくても同じ様に進むと知っていながら。。

怒号のハングオンしてしまいそうだから(^_^;)





古く今も大人気車をローアングルから3気筒のエンジンが丸見え

  09kDSC04287


いくつかの往年車もセクシーに展示されている。







その先の絵に

H2に羽をつけたら、論理上、簡単に飛べるそーです。

  10kDSC04299

羽を付けただけで飛び、

飛んでからは操作不能になり落ちるだけだそーです(笑

"良い子はマネしないように”
との
注意書きありましたw。







嬉しくも
実際に時速380kmを超えた車両をまじかに見られる。

その走行時のままに、汚れも拭き取らないで展示されてます。

  11kDSC04304

風速ととも舞うように付いた汚れもセクシーだwと感じる。







バイク見る目が輝いていたのだろうか。

カミサン後方からささやく様に
「最後のバイクとして買えば、いくら?」

・・バイク見学がつまらなくて、カラカイ始めたのでしょ。。

・・・そのカミさんは、レーサーレプリカもしくは、W650のような単車がカッコイイという。

Z1000sxは中途半端な形と買ったときから言っていたっケ。。。





チチ「ざっくり○×○万円ぐらい」と即答しまう。。。

カミサン「今のチチ車をあと2年乗り続けるなら手が届くよ フフ」

・・・走行16万kmの今の車、ボロボロで、


・・・・ここ神戸にもカミサン車で来ているのだけど(笑。。。



こんな挑戦するバイクを造り続けるkawasakiだから

カワサキ車に乗っているんだけどねぇ。





では、
なつかしの神戸ポートタワーへ移動し登る。
見える風景

  12kDSC04312





  13kDSC04313


山手と海辺がくっついたような神戸の景色を眺めながら、をふと思い出す。



神戸は、これまでの3回の訪問

20代に神戸大学で研究発表とか、家族と旅行や出張で30代、40代と

なんとなく節目&節目に来ている。

でも、
50代後半にバイクを見に来るとは(^_^;)








海岸通りでカフェへ

雑居ビルの4階の隠れ家的カフェ「アンセム」で遅いランチ

  14kDSC04318


  15kDSC04319

  



ワタシは、パスタランチ

  16kDSC04323



  17kDSC04321





カミサンは、キッシュランチ 

  18kDSC04317

あの、キャッシュと今まで思っていた。
チーズ入りタルト?





土産には、毎日、使えるものだから(^_^;)
コースターを購入

  19kDSC04324
  



神戸の夜景は、カミサンと意見が一致してパスに(^^)/
・・・いまさら二人で。。。


ゆっくり帰りましょ。


技術は、日進月歩するどこまも進むと学ぶ。


バイクより、
神戸さえ行けない車のほうをなんとかするか。

楽しく、ワクワクしながら次期車を探し始めましょ。

自力で遠出のひょいと家出ができる様に(^_^;)


スポンサーサイト

K333と剱岳へ


2016の5月の没ネタですが復活させておきましょ(^_^;)

そして待ち望む春の雰囲気でもと。



それは富山県へ

県道333号ってなんとなくカッコいいルート名で

これにダイナミックな岩峰群の北アルプスを見ながら走る。

とりわけ剱岳を正面に遡上するワクワク感もあり

このルートを試してみました。

  01tturugidake



ではでは、

道路事情に不安がのこるので車です(^_^;)
K46の峠をチェックしK333へ

  01tDSC02028



ちなみに、
K46は細いうえに採石ダンプと一定間隔ですれ違うことになり
バイク走行では、苦しい。

多分、ダンプ同士のすれ違いができないため一方通行のように
一定間隔で何台もすれ違うことになったかと。





早月川に沿って標高を上げて行きましょ。

さっそく立山、剱岳が顔をのぞかせだした。

  02tDSC02034



川は、雪解けだけの水流で澄み切っている。

  03tDSC02035





剱岳は、ここからゴジラの背中のような姿をみせだす。

  04tDSC02042


偵察中
道路は、細いがバイクでも気持ち良く走れるかな。

  05tDSC02050





馬場島登山口のモニュメントまで来た。

このあたりが、登山をしない者にとって

ビューポイントでしょうか。


  06tDSC02054



  07tDSC02055





ゴジラの背中をまじかに見て納得。

  08tDSC02057



途中、快走路とは言えないところが幾つかあり



帰路は、K333号を最後まで下れば

「工事中」(-"-)

仮廻し道路は、川の中に河原の土砂で作った砂利道500m


おお、
バイクで来なくてよかった(^_^;)

この手の山道は、
ロードバイクの走行を想定した仮設では無いことがあり、

工事情報とかの把握が必要だと痛感する。

・・・過去にカーブの後
   突然、現れた砂利仮設道でヒヤヒヤものだったことがある。



プチ観光しながら

  09tDSC02061



氷見方面へ

このころ、マイブームの氷見うどん「海津屋」へ

  10tDSC01982



少し遅くなったランチタイム

  11tDSC01975


ツルツルおいしく

ごちそうさま。



同伴した
このころの孫は1歳半

うどんのほかに栄養補給中
外でピクニック気分で

  12tDSC01984





その後

ヤギやウサギが居るからと稲葉山牧場へ

  13ttDSC01986

牧場へ一気に駆け上がるクネクネ道もチェックしましたが

大型バイクでは、斜度9%や12%は急すぎて、

もう一歩、快走クネクネとは言えなかった。

  14tDSC01989



ポカポカとした気持ちの良い日でした。

バイクルートの偵察を兼ねて孫とドライブ(^_^;)



もっぱら最近は「君子危うきに近寄らず」

もっとうに、
この日偵察したところへはバイクしないこととなったけど。


紅葉偵察@称名滝

朝から予報と想定どおり、どんより曇りの日。

こんな日は、4輪の屋根付きでお出かけ。

北陸道の立山ICを降りて、立山方面へぐいぐいと登り続けると、

  01koDSC03779


空というか低くたれこめた雲に近づく



晴れなら、まずまずの紅葉だったでしょ。

  02koDSC03798



駐車場より、初めての称名滝へ歩く。

渓谷のスケールが大きい。

  03koDSC03799





30分歩いて到着しました。。。

  04koDSC03796


日本最大350mの落差の半分しか見えませんでした(^_^;)

解説では、渓谷から4段滝とのこと。

・・・かろうじて3段見えるかな。。


深まる秋に強烈なマイナスイオンを感じさせられるが、

どこからイオンか雨か不明な日でした。







いちお、
初めての称名滝の記念写真

  05koDSC03790





壮大さは、充分に感じました。

  06koDSC03797






ここから一転、

せっかくの富山だから、
日本海へホタルイカを喰いにいこう。


ホタルイカミュージアムに到着。

  07koDSC03802

・・・ミュージアムの方は見学してません(^_^;)





隣接するレストランでホタルイカ丼を喰ぉ。

  08koDSC03808



  09koDSC03809

ホタルイカが元々好きなので

おいしく

ごちそうさま。

・・・酒のつまみの方がイイかな。



カミサンは毎度、ご当地物を避けるタイプ

  10koDSC03810





一日中、曇り空だった日

  11koDSC03811



ゆるく紅葉の偵察と
立山方面から一気に日本海へ行くバイクコース下見終了(^^)/


いつか爽やかな日にバイクで行こう。

涼を求めて


暑い現場を廻れば、たえだえな体調。



週末は、休養を兼ねて清涼を求めたょ。
むろん車輪が4本のエアコン、屋根付の乗り物です。



福井の「道の駅 九頭竜」

恐竜は、暑い夏が似合っているのだが、

  01mtDSC02929


この恐竜は見てるだけで暑い(>_<)





ここでは、大きなイワナを喰って涼みましょ?

  02mtDSC02924



あわせて舞茸トッピング蕎麦

  03mtDSC02930


  04mtDSC02931



素材そのものの味を楽しみ、

おいしく

ごちそうさま

とりあえず涼むより喰う方を優先しましたけど(ー_ー)!!







お腹は膨れたが、予定通りもう少し

涼しくて幻想を期待させる郡上市の「大滝鍾乳洞」に進もう。。



閑散として淋しいところかとも、腰が引けてましたが、
思った以上に人が多く、駐車場も満車で盛況でした。



相方とも初「大滝鍾乳洞」なので

いちお、記念写真。

  06mtDSC02935



ここから
こじんまりしたトロッコに乗って上昇

  07mtDSC02938





向える鍾乳洞は、スバラシイ涼しさ(^^)/

  08mtDSC02948





形作る鍾乳に、いろいろと名が付けれていました。

勝手に命名した「ご立派」

  09mtDSC02952


とか。。<(_ _)>





メインの大滝

  10mtDSC02959





滝以外はこじんまりしたスケールだったが
それなりに非日常の洞窟の世界を楽しみました。



入場+流しそーめんのセット料金コースをチョイスしてので

  11mtDSC02970

・・・食べ放題で3時間食べ続ける方もいるとか。。
私たちは、20分で腹いっぱい。



水もちょうど良い冷たさで

ようやく涼みが増しました。

おいしく

ごちそうさま





その後

次の涼み場所としてチョイスしたのは、
同じ岐阜県で今話題の「モネの池」へ

日陰は、涼みます(^^)/

  13mtDSC02998



普通の里山なので通り過ぎるかと心配してたが、
沢山のギャラリーが次々と押し寄せて、一目瞭然の場所

ここが関西+中京方面から近いから盛況な人だかりになるのでしょ。



素人なりにコンパクトカメラで撮る。

  14mtDSC03003



  15mtDSC03011



  16mtDSC03015


実際にモネの絵を見たことがないが、雰囲気は分かったような。



少々いびつながらハートの鯉も見つけたり

  17mtDSC03022


・・・いまさらハートを見つけても、金運のほうが。。。




ただ、

陽がガンガン刺さる場所から撮影しないと
モネ絵にならないことが判明。


涼むどころか・・・


汗タラタラ(>_<)

相方は涼しい日陰でスマホしてましたが(ー_ー)!!



帰路には、
岐阜、福井の山間部で豪雨に出会ったりしながらも
屋根付き車で快適に走る。




結局、
一番に涼んだのは。。。



我家近くのサイゼリヤで

ここでは、財布を気にすることなく

冷えた赤ワインに
マイブームのエスカルゴとか水牛のチーズ

この日一番にゆっくり涼みました(^_^;)

  18mtDSC03031





我家に到着すれば、ブツも到着していた。

ネットでは、
これ以上値引が大きくなりそうもなく
合うサイズが無くなり出したメッシュのブーツ。

  19mtDSC02922


暑さ対策としてメッシュ化を進めたのだが

いつ、

このブーツが活躍するのやら。。。

未定。



白山白川郷ホワイトロードへ

朝から全国的に
危険な猛暑とテレビのアナウンサーが叫んでいた日。

『白山白川郷ホワイトロード』へ涼みに行きましたょ。

  01ssDSC02818





2輪通行禁止の有料道なので、

贅沢に4つもタイヤが付く車両になる。
・・・車の方が燃費が良く、涼しいのだが(^^)/



有料道の手前あたりの

「バイクするなら早朝でしょ」の老若男女の方々をしりめに

通り過ぎて入口ゲートの手前から涼しくエアコンOFF

  02ssDSC02793





大小のいろいろな滝も楽しみながら標高を上げましょ。

  03ssDSC02797





その滝の中で80m落下で一番の大滝が「ふくべ大滝」

  03ssDSC02800

ここが開通する前は、限られた体力の持ち主しか
見ることができなかったと思うが、
難なくこんな秘境に来れるとありがたみも薄れるかも。





常に続くヘアピンをゆっくり走る。

こんなカーブを見ていると

・・一生に一度でいいから
この道路をバイクで駆け抜けたいと思うバイク乗りのさが(^_^;)

  04ssDSC02803





山肌にへばり付くような道路

  05ssDSC02808



ところで
涼しいながら油断するとアブやブヨが攻めてくる(^_^)/

入口ゲートの方の教えに従い
車中に入ったら、走りながら窓から追い払うを実践しましたw



この日は、標高を上げても気温の上昇が追い越す勢いでして、

標高1000m越えも気温25℃(@_@;)


石川県側で一番に標高が高い駐車場「とがの木台」

残念ながら白山は、恥ずかしげに雲に隠れていたw

  06ssDSC02811





ここで、
アンケートに答えるとコーヒー一杯無料キャンペーン中。

こんなときは、
カミサンが張り切ります(#^.^#)

  07ssDSC02815


白山の水で淹れた「白山キリマンジャロ」を頂き



おいしく



ごちそうさま



岐阜県側へ入ると、トレッキングの人が沢山おりましたが
この日は、ここでも暑いよね。



車でホイホイと
絶景を楽しめる全長33.3kmのホワイトロードでした。

ここは、
やはり大きな紅葉が楽しめる秋が最高かな(^^)/





岐阜から富山方面へ

世界遺産 「白川郷・五箇山の合掌造り集落」を展望台から眺めます。

  08ssDSC02822



  09ssDSC02821



五平餅など喰いながらのドライブ

  10ssDSC02824





引き続き、
駐車料金が不要の「五箇山合掌の里」に立ち寄りです。

  11ssDSC02825



良い所なのですが、
ここの駐車場は、とうとう工事現場の資材置き場になって
人っ子一人、誰もいなかった(^_^;)



その後、金沢あたりで、
のんびりと食事と買い物を済ませて帰宅のドライブ。





その買い物に穴のあいたグローブの補てんもしたょ。

  12ssDSC02840

ついでに車でグローブの慣らし運転も完了させた(#^.^#)


猛暑を避けて十分に涼めて納得の楽しい日でした。



が、



~前日の能登バイクのときから~

美味しい岩カキを喰えるところを、知人、他人(※1)含めて
逢う人、会う人に聞き廻っていたました。

(※1)他人とは「アンチャン、それ何ccのバイクや?」と近づいて来る人のこと。



帰宅すると

我家に帰る岩カキが1ダース届いていました。

  12ssDSC02827


それは、
充分にイイ歳したオッサンが
暑い中バイクで岩カキを食べに能登まで。。

たぶん、
不憫にさえ思えて届けてくれたと思う(^_^;)


さっそく、
より美味しく頂けるように無色透明なアルコールと併せて喰う。

  13ssDSC02829



毎度、ビロビロと喰えば、
ホワイトロードの絶景ことなどトットと頭から消え去り、

ごちそーさまです。


次回のバイクでは、
能登のアワビか。。。のど黒が喰いたいと言いながら廻るか。。


思案中(#^.^#)

プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR