スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅寒梅の開花@金沢

紅寒梅の開花の便りに誘われて

金沢の山手から市街地の尾山神社を経由で歩いています。

  01kaDSC04163



この日、
金沢の山側からを長距離Walking初めにしました。

・・このところの雪で毎朝の4、5kmのコースしか歩くことなく

一種フラストレーションが溜まってたw。

タップリ歩こぅ!

久しぶりの15km越えコース(^^)/


金沢山側環状にて車をカミサンにバトンタッチして降車。


浅野川を下るコースへテクテク

  02kaDSC04145





浅野側の左岸から右岸側に渡る時に「兼六あゆみ橋」から
下町をジグザグに街中を下る。

  03kaDSC04146





金沢城の石川門あたりへまできました。

  04kaDSC04148





金沢城周辺の石積みウンチクもかなり理解しました。

  05kaDSC04150


ここから・・


目的地を『玉泉院丸庭園』へ


北陸の冬に雪が無くてチョット淋しか。

庭園を撮ってっと。

  06kaDSC04156







『尾山神社』へ

  07kaDSC04158
   

 




  08kaDSC04168


まだまだ、

北陸は冬まっただ中に

春の兆しの一番乗りした金沢「尾山神社」の紅寒梅に合いにきました。

  09kaDSC04164







やさしい桃色。

  10kaDSC04165





ここから、東茶屋街方面へ歩む。

  11kaDSC04173



  12kaDSC04179







途中、甘党派へのみやげも買って

  13kaDSC04181





恒例の旧北国街道を歩む。

  14kaDSC04182



そして



彼女との

合流場所は、大樋町の街中の小さな隠れ家的な



「福の木」ランチタイム

  15kaDSC04183


 

彼女は、笑顔がステキな孫です(^^)/



ジィジのリクエストに”やっつけな”ピース姿

  16kaDSC04185


孫は、
日に日に成長し「ピース」すればイイんでしょ。
って感じ(^_^;)





  17kaDSC04192





ポンポンと弾けるようなツユも、申し分ないね。

  18kaDSC04193





ジィジは、
偵察するように刺身から進めてます。

  19kaDSC04202




ここの旨さに引かれて
昼間から、
そうそうにアルコールとしました。


昼間からのど黒でも喰って

アルコールと楽しめる
和食と洋食、どちらでも楽しめる住宅街の隠れ家店。


冬の晴れ間に歩けば

イイとこ見つけた(^_^;)って話。

スポンサーサイト

寒くてもブラ大聖寺で熱く

たまに、
見知らぬ場所へ草刈部隊として参加などするが

冬は、


1月14日(土)

全国的に今冬に一番の冬将軍様が暴れ始めた日のこと。

仕掛け人の誘いにホイホイと
はじめましてと、お互いに初対面のほんのり熱い有志の12人が集結した。

in大聖寺

バイクだとマスツーでしょか。


<プロローグに>
だいたいの説明を頂き

  01sDSC04073


それにしても集まった志は若い。

参加者は、加賀市大聖寺ってことで地味に高年齢かと思ってたが、

ほぼ、namaの半分の年代が集まる(^_^;)

お堅い題名では、「地域おこしの現場」をめぐること。

あくまでも、
それぞれの思いで参加でして仕事ではありませんw。

この会の良いところは、
1時間後には、割烹「ばん亭」にて食事会(^^)/
もちろん参加費で。。

  02sDSC04074



  

どれどれ、
カモ料理があるかな。

  03sDSC04077


ビールが欲しくなる料理に、メシ喰いました(笑



おいしく
ごちそうさま





ワイワイとランチタイム後は、街並みを見学しましょ。

  04sDSC04080



時折の、
雪やアラレの天候なぞ気にすることなく進みます。



民間の有志の寄付により再現された藩政時代の時鐘堂

  05sDSC04081


観光を目的しないで、育った街に誇れるものを再現したとか。。





いくつかの歴史的な建造物を見たりしながら

軽快で丁寧な解説に耳をかたむけた。


バス移動にて大聖寺と繋がりが強い橋立方面へ移動

加賀橋立伝統的建造物群保存地区の「旧曽田家」
今回は、家中まで特別に見学できました。

  07sDSC04086

立派な梁と現在でも見劣りしないデザインの装飾





ここから
瓦屋根の町並み散策

  08sDSC04091


ここのパッチワークの様なカワイイ赤瓦と日本海が見たくて

以前、
二度ほど周辺の山々も含めて歩き廻ったことがありました。

・・見つけられなかった。。。

案内人がいると、
こんなに簡単にそのスポットに行けるとは(^_^;)



  09sDSC04092

生憎のどんより雲でも、イイですな。







ぐるっと廻り最後に「北前船の里資料館」へ

  10sDSC04094



今の仕事以外だったら、

絶対に船乗りと自称しているワタシにとって
一段とロマン溢れるところでした。

  14sDSC04096





館員からの説明を熱心に聴く方がいたり。。


寒くて
ストーブで暖をとり
今日が初対面でもチチとムスメの様に話し込む姿。

なんて自然な。。。
この日のベストシーンかな。

  15sDSC04097

・・・ちなみに、

ワタシもストーブを囲む方の分科会に
茶をすすりながら参加してました(^_^;)

・・ロマンより暖でしょ。。





大聖寺に戻り
最後まで笑顔で解散前に案内人を加えて集合写真して

極寒に軽快に案内を頂いた
NPO法人 歴町センター大聖寺 代表 瀬戸 達 氏 


この集結の仕掛け人に

感謝を添えて

楽しく大聖寺ブラブラ




<プロローグ>

後日の新聞報道には、
参加者は、20~30の若者とのこと。

ワタシは、参加側ですけど(^_^;)


ブラナマin金沢

日課のWalkingコースは、家の周囲の田んぼ道を歩いている。

  02DSC00597

冬季はチョイと寒々して寂しい感じ。



飛来している白鳥には近づかない様にして見守っていましたが
驚かせない程度で近寄ってみる。

  03DSC00599





白鳥も雪が少ない北陸でのんびりしているでしょう。

  04DSC00601


姿は真っ白で優雅だが鳴き声は、元気なアヒルって感じでしょうか。
・・・毎日、我家からでも鳴き声が喧しく聞こえます。


この時期の田んぼ道も雪が無くていたって淋しい感じ。



1月31日(日)
スキーかと迷って、街歩きブラナマにしました。

日課の散歩をブラタモリ風で金沢歩き

  01buranama





金沢山側環状道の長坂町あたり、
金沢駅から山側に約8km地点でカミサンの車から降りて

歩き出す。



金沢は、坂の多い町でいずれの坂も名前が付けられている。

今回は、若返りも狙って?「不老坂」をチョイスして、
金沢の中心部を流れる犀川の中流へ向かいます。

  05DSC00620



お天気は、北陸の冬には珍しく秋のように高い空。

  06DSC00622





犀川緑地でジョギングするもの、キャッチボールにワンコと散歩など
思い思いのスタイルでこの好天気を満喫してます。

ワタシは、
とてもマニアックに最近完成した河川の急流工護床の見物(@_@;)

  07DSC00627

川の流れを計算し川面が良い感じでアートしてます。





下流に足を運べば、従来工法の階段式の急流工も
今日は、青色と泡立つ白色にキレがあってマニアック的にステキです。

  08DSC00639

雪解けの流れが澄みきっているw



歩けば、
汗が噴き出るような好天気に青い空と犀川の流れ。

  09DSC00641



この先に香林坊とかの繁華街で
川の周辺は旧「仙人町」と言われたところになる。

  10DSC00637

治水が整備されてなかった時代には、
豪雨のたびに川が暴れ
仙人しか住めないような荒涼とした地だったとのこと。

現在では、護岸も整備され
立派な金沢の街を形成する場所となってます。



テクテクとブラナマで下ると、

川の堤防は、仙人から情緒ある「犀星のみち」に変身する。

  11DSC00643



犀川大橋の少し上流にある狙いが不明な鉄塔

車からは、見たことがあるり
歩いて近づけば、
何かヒントになる説明が観れるかと思いましたが。

  12DSC00648

なんだか分からないまま、
不明?
誰か個人的な趣味でしょうか?


その先に、
元、料理旅館で木造4階の建物が残ってたりと
戦火を逃れた金沢には、バラエティに富んでます。

  13DSC00651





では、
では繁華街まで到達し、

  14DSC00654



大通を避けて裏通りを歩く。

夜なら吸い込まれそうな店先を眺めながら
ランチタイムに急ぎましょ。

  15DSC00660







目的地は、金沢駅西方面の石川県水産会館に到着。

  16DSC00670


昨年の暮れ頃にオープンだったかな、

水産会館だから漁港から直接仕入れた魚料理屋さん

「旬魚亭」

新鮮とリーズナブルも歌い文句にしたとのこと。


3時間歩いて来たが、
残念ながら「海鮮丼」は売り切れでした(ー_ー)!!

メニューは4種類のみ



とりあえず

・・・

・・・

ビール!
で喉を潤し水を得た魚の様に元気になりまして

  18DSC00664



なぜか限定40食の
魚づくし定食がまだあるとのこと。

  19DSC00665



中央の金箔をイメージした器が豪華。


一番に旨かったのは、
魚より、なぜかナスの煮込みだったのは、お愛嬌(^^)/

  20DSC00668

メニューのほとんどが千円内で
おかーさんの料理という感じで

美味しく、

ごちそうさまです。





その後
カミサンと合流地点まであと4km

腹がふくれると歩くのが億劫になってきた。

跨線橋を渡り、また山手に戻ります。

  21DSC00674





途中、自動車修理工場の看板へ寄道

  22DSC00671

パット見、矢沢だよ。
でも金沢でしょ。



ブラブラと金沢15km散歩

昨年の夏に買ったシューズもスリップサインが出てきました。
バイクのタイヤもシューズも一年もたないか。。。


歩いたりして体力保持に励んでいるが、
既に、今のバイクは、自分では起こせない重量。。

そろそろ、
爺でも起こせる重量のバイクに乗り換えかな(-_-)

北陸の冬とは思えない好天気な日が続きます。

冬の金沢Walkingはポカポカ陽気

無事に今年の温泉忘年会も粟津温泉で終了した。

  01DSC00147



温泉は、心と体を癒すところ。

なのだが、
温泉にプラス忘年会だと

何を食ったかさえ忘れ、翌日は身も目もボタボタでしょ。

・・・「忘れる会」と思えば、忠実に忘れて実行できたか(^_^;)

・・・辛うじてカニを喰ったことが、頭の隅に残っているような。。。



と思う。



そんな、

宴会後、部屋で飲んだ赤ワインがいつの間にかに大量にこぼれ?

旅館の畳がワイン色に染まったことを
冷静になってしまった翌日の朝に確認できたのは、

なにげに気まずかった~でしょ。

。。。。。





今のところ北陸は、
冬将軍がチラッと顔を見せるだけで暖冬の様相。



12月19日(土) 20日(日)だった。

北陸は朝から、あまりにも好天気に併せて
強烈な放射冷却の朝になった。


早朝から
白山など眺めながら近所の定例コースをWalkingしています。

  03DSC00157





バイクで楽しめそうな日だが、

今日は、体内からアルコールとカロリーを飛散させて
スッキリとキレのある体に戻しましょ。



その後、車で場所を変えて、

  04DSC00162


金沢の山手に降ろしてもらい、ぶらり下ります。



雲一つない空に喜びながらテクテク歩く

兼六園まで到着。

  05DSC00171

日本語に英語や中国語が交錯し

いたるところで自撮棒が炸裂してました。





ここでチョイと早くランチへ

観光地まっさかりの地で安くてうまいメシの確保へ。


寿司屋の海鮮丼1300yen

  06DSC00165

限定食の捕獲!

寒ブリと寿司屋ですからシャリが旨かったよ。

ごちそうさま







本来は、雪づりと雪景色の風景が目的でしたが、好天気スギ(^_^;)

  07DSC00174





でも着物で街散歩がイイですね。

  08DSC00173
※撮影許可を得てます。





雪が無く情緒が足りないような気がしてましたが、
着物姿もステキで、青空と雪づりもイイかもと思い始めた。

  09DSC00177







水面に浮かぶ姿と「逆さ雪づり」を撮りながら兼六園を縦断歩行。

  10DSC00184

休日は、県民は無料ですからWalkingコースにしてます。







「石川四高記念館」なども縦断

  11DSC00217



中で、
「金沢の明治の風景と撮影しよう」

と言う

全く人気が無いコーナーで撮る。

  12DSC00214

忘年会から伸びた無精髭が、もう少しカッコ良くなるかと思ったが。。。

バックの風景とも大きさが合わなくて、
なんか変でしょ。。





何もかも縦断しながら歩くと、突き当りは109横の「金沢東急ホテル」にぶち当たる。

フロント前の千数個のチューリップ

  13DSC00222


花は、やっぱりイイよね(^^)/


このまま真っ直ぐ縦断すればここでチェックインになるので、
チョイと逸れながら







塀に雪囲いした武家屋敷あたりへ

14DSC00233
  

やっぱり雪があった方がよかったのにな。。






まだ20歳前の頃にチョクチョク来ていた「金沢市図書館」まで到着

  15DSC00236


時計の針は、金沢で歩き始めて2時間半を示す。



そろそろ、
孫の所に舵をきりましょ。



途中、
「中田屋のきんつば」を土産にします。

  16DSC00245




  17DSC00242







朝と合わせて、
徒歩17kmを越えるあたりから疲れました。


でも

この孫の笑顔でまた元気がでるw

  18DSC00126


少し♀らしく見えてきた?(^^)/



じっちゃんを軽く指さす。

全て見透かされているような。。。



アルコールの臭さは、完璧にて抜いてきたのに。

相変わらずWalkingしながら

北陸に冬を迎えて、バイク盆栽でもしようかと思い、
ネットでマニアックなカスタム部品を捜索してみた。

キーワードを「カワサキ ninja 飛ぶ」検索で飛ぶぞ~

出てきたのは、

  05ssninja1

カワサキのOH1で通称『ニンジャ』というらしい。



操縦席は縦列のタンデム型にすることで、
機体本体の幅はわずか1メートルに抑えてあるとのこと。

・・・タンデムですか。。。。





傾きながらカーブする姿がバイクの様。

  06sninja2

OH1は1機約20億円の偵察ヘリ(>_<)



これが川崎重工の
ninjaシリーズの頂点がこれかも。。。

川崎重工は、H2とか”H”の名称が好みらしい。


・・また来春にタイヤ交換が待ってるので、
カスタム部品の捜索の打ち切り、

・・今年はタイヤが1年間なんとかもったか。。
今年の秋交換からオフシーズンを挟んだ来春交換にしただけですけど(ー_ー)!!





久しぶりに好天気に誘われながら、

趣味と肥え防止の実益を兼ねて定番コースを歩きましょ。



我家から柴山潟コース

  01sDSC00040


大荒れの暴風雨が過ぎたひと時のことでした。

久しぶりの晴れ間で、ジョギングの方も喜ぶ様に走っていました。

あまりにも気持ち良さそうに走る姿を見て

久しぶりに、コチラも走ろうかな♪

  02sDSC00034


少々走り、ガタガタのゼイゼイ。。。の
疲労困ぱい(^_^;)

瞳孔が開き始めたので、歩きへチェンジ。



潟を眺めれば片山津温泉街と、のんびりとこの時期にウインドサーフィン。

  03sDSC00041


それぞれに、いろんな趣味を楽しんでいる。

遠くに
鞍掛山を眺めながら、やはり歩くことにしましょ。

  04sDSC00038





ひたすら歩き続けて日本海へ

先日の暴風雨で、海岸の波返しが崩壊してた。

  07sDSC00048




天候は、回復していたもののやはりが波はうねり返していました。

  08sDSC00049


コンクリートさえ打ち壊す日本海の荒波






10km歩いて体もほぐれたので

ほどほどにして、

少しは温かいうちに冬支度しましょ。

車のタイヤ交換へ

  09sDSC00054



年々タイヤが重く感じるw



ついでに、バイクの火入れでオイル潤滑も

  10sDSC00055


いい音してます(^^)/

ぼ・ぼ・ぼ・



  11sDSC00056




今日はWalkingディ少々温かくても、乗る気なし。

・・・タイヤ交換と無理に走って十分に腰が痛くて。。。




冬支度が進めば、温かいものでも腰の養生としましょ。



最近、
マイブームの「よっしー」 製麺所 製作所 へ

  12sDSC00005



あっさり系に自家製面の麺にコクが相当ハマってますw

  13sDSC05703





毎月に一度は訪ねてスタンプも溜まった。


スープを飲めば現れる金の龍

  14sDSC05596



カミサンは、この時期限定の塩明太子仕立て

  15sDSC00009

珍しく、スープを完食してました。



二人でシェアは、中華屋らしいオムレツ焼き飯

  16sDSC00013


最近、5回目の訪問



あいかわらず美味しくて(^^)/

ごちそうさま






ではでは

向う先の孫はぐっすり眠り、
遊んでもらえない様で。。。。。

。。。。。。。。。


  17sDSC00016

起こさないようにして


ワタシも昼寝でも

日常の相変わらずWalkngのこと。



プロフィール

nama

Author:nama
ishikawaでkawasakiしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。